SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

プロ注目の今野瑠斗擁する東京都市大塩尻に注目!長野地区の甲子園での戦い&夏の展望とは!?【がっつり!甲子園2022】

Text:福嶌弘

全国49地区 夏の大会データベース
【長野】

《2022年 センバツ結果》出場なし

●甲子園での戦い&夏の展望
例年以上の混戦で多士済々な顔ぶれに!チームの成長次第では伏兵の一発も!?

昨夏の甲子園では猛打を武器にした古豪・松商学園が1回戦で高岡商に大勝して大正、昭和、平成、令和の4元号で勝利した初の学校になるなど、意外な記録で名を残しがちな長野。今年は記録にも記憶にも残る活躍を甲子園の舞台で見せたいところだが……例年以上に混戦模様の様相を呈している。

暫定トップに立ったのは春季大会優勝&北信越大会準優勝の上田西か。投打ともによくまとまったチームだが、それを引っ張るのは主将の小川隼弥。勝負強い打撃で決定打を放つことも多く、守備面では投手陣を強気のリードで引っ張るなど、まさに大黒柱とも言うべき存在。左腕の高梨匠の変化球の精度が上がれば、より手ごわいチームになるだろう。

春は不発だった松商学園も当然怖い存在。昨夏の甲子園で2登板を果たしたエース・栗原英豊は本格化を迎え、2年生の齋藤新太との二本柱を形成。主砲の石田憲成が引っ張る強力打線も自慢で、経験値で他を圧倒する可能性は十分にある。また春季大会決勝で上田西を追い詰めた篠ノ井は投打ともに軸となる浦野青空のさらなる成長次第では逆転の余地がある。

ダークホースとなりそうなのが、東京都市大塩尻。最速は140キロ代前半も微妙に動く直球が武器のエース・今野瑠斗の出来次第では大番狂わせがあるかもしれない。

全国49地区夏の甲子園DATABASE【北信越編】

●スター候補続出で目が離せない!
毎年、甲子園大会では地味な扱いだった北信越。しかし、近年は選手たちのレベルアップが顕著で甲子園でブレイクしたのちにプロで活躍している選手も多数。未来のスター候補生たちを一足先に見つけよう!

各地に好選手多数!秋のドラフトも楽しみ

奥川恭伸(星稜↓ヤクルト)や吉田正尚(敦賀気比↓青山学院↓オリックス)など、近年のプロ野球を見ると、北信越出身の選手の活躍が顕著。地区全体のレベルが上がったことで全国大会での活躍も目立つようになり、その成果が如実に出始めている。未来のスター候補を見つける意味でも各地の地区大会から目が離せない。

中でも今年、最もアツいのは新潟。早くもドラフト上位指名の期待がかかる田中晴也を擁する日本文理、重い直球が評判のエース・茨木秀俊が引っ張る帝京長岡など各校に好投手が在籍し、県代表に選出された際には甲子園の舞台でも輝くことだろう。 

北陸の雄・石川では今春のセンバツ出場を果たした星稜はエースのマーガード真偉輝キアンと日本航空石川のスラッガー、内藤鵬の対決が最大の見どころ。ともにプロ注目の選手だけに目が離せないこと必至。他にも敦賀気比(福井)、富山第一(富山)、松商学園(長野)らの名門、強豪校にも将来有望な選手が揃っている。彼らの雄姿を全国の舞台で見られるか楽しみだ。

出典:『がっつり!甲子園2022』

『がっつり!甲子園2022』7月5日発売!

ブラバン応援も復活で甲子園へ夏きゅん‼︎コロナ下で、対外試合や練習方式に制限を受けた世代の球児たちが最後の夏にすべてのパワー全開で一躍雄飛する!この夏の主役候補たちに大接近!代替出場のセンバツで準優勝を射止めた近江・多賀章仁監督と魂の594球エース山田陽翔、絶対王者・大阪桐蔭への雪辱を誓うドラフト候補エース・米田天翼、イチロー魂導入で春ベスト4に躍進した國學院久我山・尾崎直輝監督、甲子園を目指しユニークなチームづくりを仕上げてきた注目校もクローズアップ!最強世代の呼び声高い2年生四天王のトップ・佐々木麟太郎の凄さ、春夏連覇を目指す大阪桐蔭の強さも大分析!さらに「各県総力データ」や、歴代の「高校投手高速化分析」、「甲子園スターの現在地」など、あらゆる角度から「甲子園」を楽しみ尽くす情報が満載!高校野球ファンのあなたにぜひ手に取ってみて欲しい一冊です! !

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内