SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

阪神など4球団注目の田中晴也擁する日本文理に注目!新潟地区の甲子園での戦い&夏の展望とは!?【がっつり!甲子園2022】

Text:福嶌弘

全国49地区 夏の大会データベース
【新潟】

《2022年 センバツ結果》出場なし

●甲子園での戦い&夏の展望
選手層の厚さで日本文理が一歩リードも、各校に好投手が揃い近年稀に見る激戦に

過去10年の甲子園出場校を見ると、日本文理と中越の一騎打ちという印象の強い新潟。そこで燃え尽きてしまうのか、近年は甲子園で勝ち進めていないが、今年は各校に好投手が揃い、例年以上に地区大会が盛り上がりそうだ。

その中でも筆頭はやはり田中晴也を擁する日本文理か。185センチの長身から放たれる最速148キロの直球を主体にした本格派の投球はドラフト上位指名を予感させるほど。他にも制球力が持ち味の村越仁士克、昨夏の甲子園で本塁打を放った主砲・玉木聖大、2年生ながら主軸を務める高橋史佳など、選手層も県内随一だ。

この日本文理を春季大会で破って優勝したのが東京学館新潟。スプリットが自慢のエース・中町龍之介が本調子を欠く中、サイドハンドの羽吹幸隼らがチームを盛り立てた。この2本柱が機能すれば夏も期待できる。中越は春はベスト4止まりだったが、小幡拳志郎の急成長が目を見張る。140キロ超の直球とスプリットを巧みに操る投球術は一見の価値がある。

タレント力でいえば、帝京長岡も見逃せない。芝草宇宙監督の指導の下で素質を開花させた茨木秀俊は重い直球が相手打者をねじ伏せ、俊足巧打がウリの主将・水瀬匡亮が打線を引っ張る。個々の能力が発揮されれば突き抜けてもおかしくない実力を秘めている。

全国49地区夏の甲子園DATABASE【北信越編】

●スター候補続出で目が離せない!
毎年、甲子園大会では地味な扱いだった北信越。しかし、近年は選手たちのレベルアップが顕著で甲子園でブレイクしたのちにプロで活躍している選手も多数。未来のスター候補生たちを一足先に見つけよう!

各地に好選手多数!秋のドラフトも楽しみ

奥川恭伸(星稜↓ヤクルト)や吉田正尚(敦賀気比↓青山学院↓オリックス)など、近年のプロ野球を見ると、北信越出身の選手の活躍が顕著。地区全体のレベルが上がったことで全国大会での活躍も目立つようになり、その成果が如実に出始めている。未来のスター候補を見つける意味でも各地の地区大会から目が離せない。

中でも今年、最もアツいのは新潟。早くもドラフト上位指名の期待がかかる田中晴也を擁する日本文理、重い直球が評判のエース・茨木秀俊が引っ張る帝京長岡など各校に好投手が在籍し、県代表に選出された際には甲子園の舞台でも輝くことだろう。 

北陸の雄・石川では今春のセンバツ出場を果たした星稜はエースのマーガード真偉輝キアンと日本航空石川のスラッガー、内藤鵬の対決が最大の見どころ。ともにプロ注目の選手だけに目が離せないこと必至。他にも敦賀気比(福井)、富山第一(富山)、松商学園(長野)らの名門、強豪校にも将来有望な選手が揃っている。彼らの雄姿を全国の舞台で見られるか楽しみだ。

出典:『がっつり!甲子園2022』

『がっつり!甲子園2022』7月5日発売!

ブラバン応援も復活で甲子園へ夏きゅん‼︎コロナ下で、対外試合や練習方式に制限を受けた世代の球児たちが最後の夏にすべてのパワー全開で一躍雄飛する!この夏の主役候補たちに大接近!代替出場のセンバツで準優勝を射止めた近江・多賀章仁監督と魂の594球エース山田陽翔、絶対王者・大阪桐蔭への雪辱を誓うドラフト候補エース・米田天翼、イチロー魂導入で春ベスト4に躍進した國學院久我山・尾崎直輝監督、甲子園を目指しユニークなチームづくりを仕上げてきた注目校もクローズアップ!最強世代の呼び声高い2年生四天王のトップ・佐々木麟太郎の凄さ、春夏連覇を目指す大阪桐蔭の強さも大分析!さらに「各県総力データ」や、歴代の「高校投手高速化分析」、「甲子園スターの現在地」など、あらゆる角度から「甲子園」を楽しみ尽くす情報が満載!高校野球ファンのあなたにぜひ手に取ってみて欲しい一冊です! !

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内