SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

巨人など9球団&MLB注目の山田陽翔擁する近江に注目!滋賀地区の甲子園での戦い&夏の展望とは!?【がっつり!甲子園2022】

Text:落合初春

全国49地区 夏の大会データベース
【滋賀】

《2022年 センバツ結果》近江 準優勝

●甲子園での戦い&夏の展望
充実の近江が全国屈指の強豪に成長!センバツ準Vで目指すは全国覇者

かつては近畿最弱と評されていた滋賀県勢だが、近年は元気いっぱい。県勢を牽引するのは、今春のセンバツで準優勝を果たした近江だ。潮目が変わったのは、2018年夏の甲子園だろう。好左腕の林優樹を擁する近江は前評判こそ平凡だったが、初戦のノックから洗練された力強い動きを見せ、高校野球ファンを驚かせた。準々決勝で金足農(秋田)と対戦し、サヨナラ2ランスクイズで涙を呑んだものの、近畿のみならず全国的な評価も急上昇した。

さらに昨夏の甲子園では2回戦で優勝候補の大阪桐蔭(大阪)と対戦。最大4点差をひっくり返して、6対4で勝利を収めるとベスト4に進出。今春の甲子園でも攻守両面で安定しており準優勝。決勝では大阪桐蔭に1対18で敗れたが、京都国際(京都)の出場辞退による突発的な繰り上げだったことを考えると大健闘だろう。

今夏の滋賀大会も中心は近江。甲子園でも投打にわたって活躍した山田陽翔を筆頭にタレントが揃う。創部7年目の立命館守山も初の甲子園は近い。3番・白樫健太郎ら中軸が打撃好調で打ち合いに持ち込めば、近江と十分に渡り合えそうだ。

綾羽も近年は近畿大会まで駒を進めており、今年もエース右腕・野村亮輔が140キロを超え、初の甲子園に手が届く位置。その他、彦根総合、滋賀学園、近江兄弟社なども僅差で続き、打倒・近江の包囲網を敷く。

全国49地区夏の甲子園DATABASE【近畿編】

●有力校ひしめく最強地区
大阪桐蔭の強さが際立つものの、全体的に勢いを伸ばしている近畿勢。昨夏の甲子園決勝は智辯学園と智辯和歌山の「智辯対決」になり、京都国際などの新興校も出てきた。高校野球の本場たるプライドを胸に他地区には絶対に負けられない。

近畿一丸で上位独占へ!活気あふれる近畿野球界

今春のセンバツで春夏通算9度目の全国制覇を果たした大阪桐蔭(大阪)は語るまでもないが、他の近畿勢も独り勝ちを許さない気概がある。

2021年春のセンバツでは初戦で智辯学園(奈良)が大阪桐蔭を退け、夏も2回戦で近江(滋賀)が大阪桐蔭を逆転で下した。同年夏の決勝は智辯和歌山(和歌山)と智辯学園の「智辯対決」になり、智辯和歌山が全国頂点に立ったが、近江、京都国際(京都)も4強に入り、近畿勢で上位を独占した。

この春のセンバツも大阪桐蔭と近江の近畿対決になったほか、金光大阪(大阪)と市和歌山(和歌山)も8強に入った。

近年は5〜6月頃から強豪校同士の平日ナイターの練習試合も数多く組まれており、地区のレベルがどんどん上がっている。強豪校がひしめき合い、なおかつ球場も多い近畿だからこそできる強化方法だろう。

今夏は大阪桐蔭の春夏連覇に期待がかかるが、春季近畿大会決勝では智辯和歌山が秋から続いていた大阪桐蔭の公式戦連勝を阻止。今年も意地と意地がぶつかる。

出典:『がっつり!甲子園2022』

『がっつり!甲子園2022』7月5日発売!

ブラバン応援も復活で甲子園へ夏きゅん‼︎コロナ下で、対外試合や練習方式に制限を受けた世代の球児たちが最後の夏にすべてのパワー全開で一躍雄飛する!この夏の主役候補たちに大接近!代替出場のセンバツで準優勝を射止めた近江・多賀章仁監督と魂の594球エース山田陽翔、絶対王者・大阪桐蔭への雪辱を誓うドラフト候補エース・米田天翼、イチロー魂導入で春ベスト4に躍進した國學院久我山・尾崎直輝監督、甲子園を目指しユニークなチームづくりを仕上げてきた注目校もクローズアップ!最強世代の呼び声高い2年生四天王のトップ・佐々木麟太郎の凄さ、春夏連覇を目指す大阪桐蔭の強さも大分析!さらに「各県総力データ」や、歴代の「高校投手高速化分析」、「甲子園スターの現在地」など、あらゆる角度から「甲子園」を楽しみ尽くす情報が満載!高校野球ファンのあなたにぜひ手に取ってみて欲しい一冊です! !

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内