SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

3打数3安打猛打賞と8月打率10割スタートのウィーラー!

3打数3安打猛打賞8月打率10割スタートのウィーラー

8月1日に東京ドームで行われた広島カープとの一戦で3打数3安打2打点と猛打賞の活躍を見せたゼラス・ウィーラー。

2回に先頭の岡本和真がツーベースヒットで出塁した直後、広島カープ先発の床田寛樹のチェンジアップをセンター前に弾き返し、初回に鈴木誠也のタイムリーヒットで先制されるも、即座にウィーラーが取り返した。

その後も昨日の試合では、シングルヒットを要所で放ち、チームの得点に絡むつなぎ役として、地味だが価値ある活躍を見せた。

ウィーラーが楽天イーグルスから移籍してすぐに巨人にアジャストできたのは、こうしたチームの得点に絡むつなぎ役に外国人バッターながらできる所にある。普通の外国人バッターならフルスイングで大きな当たりを狙う所をチームの状況に応じてバッティングスタイルを変えられる点が今の巨人の好調を支えている。

打撃だけでなく、守備でも1試合の中でレフトから2塁、1塁と3つのポジション変更があっても問題なくこなせるウィーラーは非常に起用しやすく、守備変更で交代しなくてすむ分、多くの打席に立つことができている。

多くの打席に立てれば、その分まだ対戦数が少ないセ・リーグの投手陣の投球を肌で感じることができ、その一打席を打てなくても次の打席へ活かすことができるのだ。

こうしたウィーラーにとっても、チームにとってもプラスに働く力がウィーラーの巨人打線への加入によって生まれている。

8月打率10割スタートのウィーラーが今月どのような活躍を見せ、チームに貢献するのか注目だ。