SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

ここぞの一打で原監督にさすがと言わせた!正念場の石川慎吾

9回2死までノーヒットと苦しめられた巨人打線

2月20日に行われた日本ハムファイターズと練習試合を行った読売ジャイアンツ。

今シーズン対外試合2試合目となる日本ハムファイターズ戦のスタメンには1番・吉川尚輝、2番・松原聖弥、4番には岡本和真が座ったが、広島カープ戦でも1得点しか奪えなかった巨人打線は、この日も打線は低調だった。

巨人打線は、日本ハムファイターズ先発の村田透に2回無安打無失点、加藤貴之に3回無安打無失点、生田目翼に3回無安打無失点と1軍クラスの投手陣の攻略に苦しんだ。

9回にようやく育成の鈴木遼太郎に対し、9回2アウトから松原聖弥の四球と北村拓己の三ゴロ失策出塁で1、3塁のチャンスを作り、石川慎吾がライト前タイムリーヒット、若林晃弘が2点タイムリー二塁打放ち、3得点奪うも3-7で対外試合で今季初黒星を喫した。

原監督は思うような結果が出ない若手野手陣について、「色んなジレンマもあるだろうし、歯がゆさもあるでしょう。それは生かせばいいことですから。ただ、プロである以上、結果を残すというのは非常に重要なこと」と語った。

ここぞの一打放った石川慎吾

“3人目の捕手”としての実戦起用を目指し、今キャンプ捕手の練習も行い、出場機会を増やす為の努力をしてきた石川慎吾。

この日は、5回の守備から途中出場し、四球とタイムリーヒットを放ち、2打席連続出塁を果たし、アピールに成功した。

思うような結果が出ない若手巨人打線がノーヒットで苦しむ中、迎えた0-7の9回2アウト1、3塁の場面で、途中出場の石川慎吾が鈴木遼遼太郎からチーム初安打となるライト前タイムリーヒッを放ち、ノーヒットノーランを阻止した。

結果が出ない若手野手陣を前に2打席連続出塁を果たし、アピールに成功した石川慎吾に対し、原監督は「シンゴ(石川)はそういう意味じゃ、少ないチャンスだけども、さすがでしょうな」と賞賛した。

今シーズンこそしっかりとした結果が求められる正念場の石川慎吾が、少ないチャンスの中でしっかりとアピールを続けている。