SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

わずか10球で3者連続三振1回無失点と好投した!中川皓太

『カジサカマル』打線がついに登場

2月22日に巨人は那覇キャンプで初の紅白戦を行い、現状の1軍主力野手がそろって出場した。

白組「2番・遊撃」で坂本勇人、丸佳浩が「3番・中堅」、DeNAからFA移籍した梶谷隆幸が「1番・右翼」で今年の実戦初出場し、今シーズンの目玉『カジサカマル』打線がベールを脱いだ。

今シーズン初の『カジサカマル』打線を組んだ原監督は、「迫力がある」と納得の表情を浮かべた。

投げては、井納翔一がDeNAベイスターズからFA移籍後、白組の先発として初の実戦マウンドに上がり、1回を無失点で抑えた。

試合は、3回に吉川尚輝がレフトへソロホームランを放った1発が決勝打となり、白組が勝利した。

この日が今季初の実戦となったS班メンバーの主力陣について、原監督は「全体的に野手もしっかり走れているし、(バットを)振れているし、フィールディングもできているし、いい感じだと思いますね」。と好スタートを切ったことに納得の表情を浮かべた。

絶対的守護神へ圧巻のピッチング見せた中川皓太

投手陣は、井納翔一、田中豊樹、鍵谷陽平、大竹寛、中川皓太の5人が1イニングずつ無失点でつなぎ、鍵谷陽平以降は一人の走者も許さなかった。

無失点リレーで繋いだ投手陣の中で、特に圧巻のピッチングを見せたのが、5回最終回に登板した中川皓太だ。

中川皓太は、先頭打者の若林晃弘を4球で空振り三振に打ち取ると、続く陽岱鋼を3球で見逃し三振に打ち取り、最後はドラフト5位ルーキーで身長202センチの注目集める秋広優人を変化球見逃し、変化球空振りで迎えた3球目だけクイック投法にして直球をズバッと決めて見逃し三振とした。

わずか10球で、3者連続三振1回無失点と好投した中川皓太は、「今の状態としてはよかった」と現状の自分を評価した。

試合後、原監督が好投した中川皓太について、「後ろ、クローザーという形でやってくれればと思っている」と構想を明かした。