SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

及川から巨人チーム唯一の安打となる二塁打放った!若林晃弘

オープン戦初の完封負けを喫した巨人

巨人は3月14日、阪神甲子園球場で阪神タイガースとのオープン戦を行った。

先発は、開幕ローテ入りを目指す髙橋優貴が上がり、4回に佐藤輝明に甘く入った速球を左翼ポール際へ放り込まれ、先制点を献上したものの、味方の好守にも助けられて5回1失点と試合を作ったものの、逆球が多く、スタミナ面に課題を残し、開幕ローテ入りは白紙となり、ファーム行きが決まった。

6回以降は田中豊樹、戸根千明、桜井俊貴とリリーフ陣が無失点リレーを披露した。

投手陣が最少失点で踏ん張った一方で、オープン戦初登板だった阪神の2年目左腕・及川雅貴の速球を捉えきれず4回1安打に抑え込まれ、梶谷隆幸・岡本和真・丸佳浩のクリーンナップで臨んだ打線は、6回に2アウトから梶谷隆幸と岡本和真の連打に加え、丸佳浩の四球で2アウト満塁のチャンスを作るも、中島宏之が3球三振に倒れ、無得点に終わった。

及川からチーム唯一の安打放った若林晃弘

吉川尚輝と北村拓己との巨人正二塁手争いを繰り広げる若林晃弘は、「1番・左翼」で先発出場し、阪神の2年目左腕・及川雅貴からチーム唯一のヒットとなるレフト線ツーベースヒットを放った。

ライバルの北村拓己が3打数ノーヒットと無安打に終わる中、4回に先頭打者として打席に立った若林晃弘は、及川雅貴の2球目のストレートを捉え、巨人打線が及川雅貴から奪ったチーム唯一の安打となるレフト線へのツーベースヒットを放った。

「チャンスをもらってアピールをしなければいけない立場。しっかり結果を残せるように準備していくだけです」と意気込みを見せていた若林晃弘がこの日も巨人打線が3安打に抑え込まれる中、長打を放ち、存在感を見せた。

原監督が助っ人外国人不在により、特に重要視する「2番」のレギュラーを狙うのは、松原聖弥と若林晃弘の他にも、二塁争いを繰り広げる昨季のレギュラー・吉川尚輝に加えて北村拓己、さらにヤクルトから移籍した広岡大志もいる。

前日の試合で、巨人正二塁手争いのライバルの1人である若林晃弘が決勝打を放ったことに対し、「自分も負けたくないし、そういう争いに勝っていきたい。じゃないと、この先の道がない。しがみついて、しぶとくやっていきたい」。と、チーム唯一のマルチ安打の原動力となっていたようだ。

残り少ないオープン戦でしっかりと結果を残し、重要視される「2番」争いを制し、開幕スタメンを掴むのは誰なのか注目だ。