SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

無安打2奪三振の好投で巨人勝利の方程式入りに大きく前進した!鍵谷陽平

5回4安打4失点も開幕ローテ掴んだ今村信貴

3月21日、読売ジャイアンツは東京ドームで楽天イーグルスと開幕前最後のオープン戦を行った。

開幕第3戦目のDeNAベイスターズ戦に登板濃厚の今村信貴が先発登板したが、立ち上がりから制球が定まらず、5四死球を与えるなど、2回までに4失点もしてしまったが、徐々に修正して3回以降は1安打に抑え、5回4安打4失点という結果に終わった。

5回4安打4失点という結果に終わった今村信貴は「追い込んでから甘いボールも多かったし、逆玉もありいいボールと悪いボールがはっきりしていた。しっかりと修正して次の登板に向けて万全な状態で臨めるようにしたいです」と課題を語った。

今村信貴は立ち上がりに課題を残したが、宮本投手チーフコーチは「右肩上がりに良くなっていったので」と話し、菅野智之と戸郷翔征に続く開幕カード3戦目で先発させると明言した。

無安打2奪三振と好投した鍵谷陽平

開幕1軍を目指す鍵谷陽平が2番手で6回から登板し、無安打2奪三振と好投を見せ、開幕1軍へ向け、万全の状態をアピールした。

6回にマウンドに上がった鍵谷陽平は先頭打者の横尾俊建を2球でライトフライに打ち取ると、続く小深田大翔を空振り三振に切って取り、最後は太田光からも空振り三振を奪い、無安打2奪三振と完璧の投球を披露した。

これで鍵谷陽平は登板したオープン戦全4試合を無失点で切り抜け、開幕1軍をほぼ手中に収め、巨人勝利の方程式入りにも大きく前進した。

鍵谷陽平、高木京介、大竹寛、中川皓太で無失点リレーを繋いだリリーフ陣に対して、原監督は「ピッチャーの方は制球力がある人が残ってくれたな」。と盤石のリリーフ陣を賞賛した。

鍵谷陽平が勝利の方程式入りし、巨人を勝利に導くことができるか注目だ。