SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

わずか9球で三者凡退に抑えた!原監督絶賛の大竹寛

菅野智之、開幕戦5勝目ならず

3月26日、上原浩治に並ぶ球団最多タイの7度目の開幕マウンドに上がった菅野智之は、DeNAベイスターズに対し、初回こそ危なげなく3者凡退で終えたが、波に乗りきれず、6回8安打3失点で降板し、球団新記録となる開幕戦5勝目とはならなかった。

3点の援護をもらって迎えた2回には昨シーズンまでチームメイトで東海大相模、東海大の後輩でもある田中俊太に犠飛を許すと、1番桑原将志には4球で押し出し四球を献上し、2点を失うと、続く3回2アウト1、3塁のピンチでまたしても田中俊太に甘く入ったカーブをセンター前に運ばれ、同点とされた。

6回3失点で勝利投手の権利を得たまま降板したが、リリーフ陣が同点に追いつかれ、勝ち星はつかなかった。

試合は亀井義行のプロ野球初の開幕戦代打サヨナラ弾で巨人が劇的な勝利を挙げた。

完璧な投球を見せた大竹寛

開幕戦は両軍の投手が四球を与えて失点という流れになった中で、1点リードの8回から4番手で登板した大竹寛が原監督がこの試合唯一の完璧と語る最高の投球を見せた。

先頭打者の代打・神里和毅をレフトフライに打ち取ると、桑原将志をサードゴロ、最後は関根大気をライトフライに打ち取り、わずか9球で三者凡退に抑えた。

完璧な投球を見せた大竹寛に対し、原監督は「(大竹)寛ちゃんだけ完璧だったね。寛ちゃんだけだったよな。フォアボール絡みで両軍点が入った。ピッチャーは無駄なフォアボールがあるということ。強気なフォアボールというところもあるが、そういうところでしょうな」。と投手陣最年長の右腕が抜群の安定感を見せた。