SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

しぶといバッティングで巨人の逆転勝利呼び込んだ!大城卓三

今シーズン初勝利を手にした今村信貴

4月4日に東京ドームで行われたヤクルトスワローズとの一戦で、今シーズン2度目のマウンドに上がった今村信貴は、初回は三者凡退と上々の立ち上がりを見せ、粘り強い投球で、4回からは安定感も増し、4、5、7回で三者凡退を記録し、終わってみれば7回100球を投げて8奪三振で、今シーズン初勝利を掴んだ。

2回1アウト3塁のピンチで、太田賢吾にライト前タイムリーヒットを浴びて、先制点を許したが、 その後は落ち着いた投球を披露し、4回以降はヤクルト打線を完璧に封じ、無失点で切り抜けた今村信貴は、7回に同点とし、なおも2アウト3塁で打席が今村信貴に回り、代打が送られ交代し、代打・広岡大志が左中間へフェンス直撃のタイムリー三塁打を放ち、勝ち越しに成功し、勝ち投手の権利を手にした。

今シーズン初勝利を手にした今村信貴は「前回、先頭打者をいっぱい出してしまったので、先頭だったり初球だったりっていうのを意識してマウンドに上がりました。粘れたのは粘れたが、先に失点してしまって流れも取れなかったのでそこが課題かなと思います」。と次戦の勝利に向け、課題を口にした。

好投した今村信貴に対し、原監督は「前回も良かったんですけど、前半ちょっと高めに浮いて苦しんでいるかなと思いましたけど、それでもやっぱり最少失点でね、7回を投げ切れたというのは、ピッチャー陣は今本当によく頑張ってくれています」。
と賞賛した。

逆転勝利呼び込んだ大城卓三

「6番・捕手」で先発出場した大城卓三は、3打席目にレフトへのポテンヒットを放ち、ノーアウト1、2塁のチャンスを作り、広岡大志の逆転タイムリースリーベースヒットを呼び込んだ。

6回まで無失点に抑えられていたヤクルト投手陣に対し、7回先頭打者の石川慎吾がヤクルト3番手・坂本光士郎からフォアボールをもぎ取り、出塁すると、大城卓三が初球147キロのストレートを振り抜き、レフトへのポテンヒットで、ノーアウト1、2塁のチャンスを作ると、1アウト2、3塁から捕逸で1点を奪って同点にし、さらに2アウト3塁から広岡大志の左中間への逆転タイムリー三塁打で勝ち越しに成功した。

打率.333と打撃好調の大城卓三が数少ないチャンスを拡大し、巨人の逆転勝利を呼び込んだ。

中島宏之、丸佳浩、若林晃弘、ゼラス・ウィーラーがPCR検査で陽性判定され、濃厚接触者として、亀井善行、増田大輝、北村拓己が戦線を離脱し、戦力が大幅に落ちる中、打撃に守備に大城卓三がチームを牽引する。