SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

原監督の抜擢に応え高橋優貴を7回0封5奪三振と無傷の2勝目に導いた!炭谷銀仁朗

2勝目を挙げた高橋優貴

4月8日に甲子園球場で行われた阪神タイガースとの一戦に、今季初先発の1日の中日ドラゴンズ戦で7回1失点(自責点0)で今季初勝利を挙げた高橋優貴が先発登板し、6回途中まで阪神打線をノーヒットに抑える好投を見せ、自己最長となる8回途中まで投げて無失点と完璧な投球を披露し、2勝目を挙げた。

初回を三者凡退と上々の立ち上がりで切り抜けると、2回は1アウトからサンズに四球を与えたが、続く佐藤輝明を空振り三振、梅野隆太郎を投ゴロに仕留め、3回以降も阪神打線を封じ、5回まで安打を許さない圧巻の投球を披露し、6回1アウトから近本光司にライト前ヒットを浴び、初ヒットを許したが、後続をしっかりと打ち取り、8回、先頭打者の梅野隆太郎にライト前ヒットで出塁されると、続く山本泰寛に四球を与え、初めてのピンチを迎えたところで、2番手・中川皓太にスイッチし、後続を抑え、阪神打線に反撃の隙を与えなかった。

7回0/3を2安打無失点と好投を見せた高橋優貴は「コースにいくところはコース、高さのところは高さで、メリハリを付けて投げられたと思う」。と振り返った。

2勝目を挙げた高橋優貴に対し、原監督は「少々の荒れ球というのは彼の特長でもあります。その中で要所要所でいいピッチングをしてくれましたね」。と賞賛した。

今季初スタメンを果たした炭谷銀仁朗

ここまでずっとスタメンマスクを被ってきた大城卓三に代わり、「8番・捕手」で今季初スタメンを果たした炭谷銀仁朗が、攻守で高橋優貴を盛り立てる活躍を見せ、高橋優貴の2勝目に大きく貢献した。

高橋優貴とタッグを組み、巨人の連敗ストップに臨んだ炭谷銀仁朗は、高橋優貴をストレート主体で組み立て、勝負所で有効にスクリューを要求し、阪神打線のバットに空を切らせた。

内角を多く要求し、今季2勝目を挙げた高橋優貴の好投を支えた炭谷銀仁朗は「(高橋の)球が強かった。今日は右(打者)のインコースがナチュラルに滑っていたので、早い段階で力のあるうちに突っ込んでおいたら楽かなと。もともといこうとは思っていました」。と明かした。

好リードで高橋優貴を無失点ピッチングに導く中、バットでも仕事を果たし、1点リードで迎えた4回1アウト満塁の場面で、きっちりセンターへの犠牲フライを放ち、貴重な追加点を挙げた。

今季初スタメンで存在感を示した炭谷銀仁朗は「出た時に自分のやれることをやろうと思っているので」。と更なる出場機会に意欲を見せた。