SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

巨人打線の一挙5点の猛攻の流れ生む一打を放った!香月一也

今季初勝利を掴んだ畠世周

4月14日に東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの一戦に、今シーズン初勝利を目指し、マウンドに上がった畠世周は初回いきなりピンチを作るも、無失点で乗り切ると、2回から7回まで力のある直球と縦に落ちるカットボールを効果的に使い、無安打投球を披露し、8回1/3を1失点の好投で今季初勝利を挙げた。

畠世周は初回、2本の安打から1アウト1、2塁のピンチを招いたが、後続をしっかり断ち切って無失点で切り抜けると、2回から7回まで無安打、9奪三振と抜群の投球を見せ、完封勝利も期待されたが、9回に先頭打者のA・マルティネスにソロホームランを浴びてこの試合初失点を喫し、高橋周平と石橋康太の安打からなおも1アウト1、2塁のピンチを招き、交代にはなったが、後を託されたデラロサがきっちりと抑え、畠世周は今季2度目の登板にして初勝利を挙げた。

今季初勝利を掴んだ畠世周は「今回は自分一人で投げてやろうと途中から(思っていた)。それぐらいの気持ちで挑んでいたなかで最後は自分がばたばたして交代になったので、非常に悔しいです」。と完封勝利を逃したことを悔やんだ。

今季初勝利を掴んだ畠世周に対し、原監督は「前回もボールそのものは良かったと思うんですけどね。あとはやっぱり、もう少しこう、なんていうか、クリアに勝負するというところ? ま、そういう点では今日はすごく良かったんじゃないでしょうかね」。と高く評価した。

一挙5点の流れ生んだ一打放った香月一也

「7番・一塁」で先発出場した香月一也が、梶谷隆幸の2ランホームランなど巨人打線の一挙5点の猛攻の流れ生む一打を放ち、巨人の勝利に大きく貢献した。

2回まで中日ドラゴンズ先発の勝野昌慶に巨人打線が無安打に抑えられる中、両者無得点で迎えた3回、先頭打者で打席に立った香月一也が、8球粘り、3ボール2ストライクから145キロのストレートをセンター前に弾き返す安打を放ち、チーム初ヒットを放った。

勝野昌慶にとってはべストボールと言えるアウトローの非常に難しいストレートをセンター前ヒットにし、ノーアウト1塁突すると、増田大輝が内野安打で続き、ノーアウト1、2塁で畠世周は送りバントを失敗するも、松原聖弥が9球粘り、139キロのフォークをレフト前に運び、1点を先制すると、坂本勇人は初球のカーブを捉え、2点タイムリーツーベースヒットを放ち、最後は梶谷隆幸がライトスタンドへ2ランホームランを放ち、一挙5点の猛攻を生んだ。

一挙5点の猛攻の流れを生んだ要因は、勝野昌慶にとってのべストボールをうまくセンター前に運んだ香月一也の一打が勝野昌慶の歯車を狂わせたことにありそうだ。

巨人打線の起爆剤として期待が寄せられる香月一也の今後のバッティングにも注目したい。