SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

2軍西武戦で逆方向に逆転満塁HR放った!1軍スタメン奪取狙う吉川尚輝

逆転満塁ホームランを放った吉川尚輝

5月8日のヤクルトスワローズ戦が緊急事態宣言の発出により延期になり、1軍が練習日となる中、4月28日のヤクルトスワローズ戦以来スタメン出場はなく、9日間打席から遠ざかっていた吉川尚輝が、イースタン・リーグの西武ライオンズ戦に「2番・二塁」で先発出場し、5打数2安打4打点1HRと逆転の満塁弾を放ち、1軍スタメン奪取へアピールした。

3点を追う2回2アウト満塁のチャンスの場面で打席に立った吉川尚輝は、西武ライオンズ先発の本田圭佑の2球目135キロのストレートを左中間へはじき返し、逆転の満塁ホームランを放った。

逆転の満塁ホームランを放った吉川尚輝は「チャンスだったので積極的にいきました。逆転という最高の結果になりよかったです」。と振り返った。

昨シーズンは二塁の定位置で初の規定打席に到達した吉川尚輝だが、今シーズンは若林晃弘の台頭もあり、出場機会が激減しており、1軍で27試合に出場し、打率.222、2本塁打、5打点と、指揮官からは打撃面の課題を指摘されていた。

2軍戦ではあるが、課題の打撃で満塁ホームランと勝負所で最高の結果を出した吉川尚輝に、原監督も出場機会を与えようと心を動かされていることだろう。

吉川尚輝が二塁スタメン奪取へ向け、本日9日のヤクルトスワローズ戦からどのような活躍を見せてくれるのか注目だ。