SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

2軍無傷の5連勝の勢いを巨人1軍に波及させる為原監督が今季初先発に抜擢した絶好調左腕とは!?

交流戦で今季初先発抜擢の横川凱

イースタン・リーグ開幕から無傷の5連勝中でハーラートップの横川凱が5月27日の楽天イーグルス戦で先発する可能性が23日に浮上した。

先週は5試合だけだったが、交流戦が始まる今週は6試合行われることや、23日の中日ドラゴンズ戦でも今村信貴が1回0/3、3失点で早々に降板するなど、先発投手が不足していることを受け、絶好調の横川凱に白羽の矢が立った。

昨シーズン、11月8日のヤクルトスワローズ戦で1軍初先発を果たし、5回3安打1失点と勝敗はつかなかったが、1軍でも通用する力を見せつける好投を披露した横川凱は、オフにウェートを強化し、体も大きく成長させ、今シーズンのキャンプは1軍に帯同した。

その後は一時、状態が下がるなどして、課題克服へファームで調整を行い、2軍で開幕を迎えると、順調に勝利を積み重ね、無傷の5連勝で、ここまでイースタン・リーグのハーラートップを独走している。

前回登板の5月16日の千葉ロッテマリーンズ戦では、最速142キロのストレートに130キロ台中盤のカットボールを織り交ぜ、的を絞らせない投球で、6回先頭打者の松田進にヒットを許すまで完全投球を披露するなど、9回3安打無失点5奪三振の好投で自身初の完封勝利を挙げた。

現在、菅野智之が右肘の違和感で登録抹消中で、23日の試合後に1回0/3、3失点で降板した今村信貴の抹消も決まり、先発陣は手薄な状態だ。

先発投手不足の1軍マウンドで、昨シーズン1軍初先発で見せたような投球を披露し、横川凱が一気に先発ローテーションを勝ち取るところまで、突き進むことができるのか注目だ。