SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】脅威のスライダー被打率.069で15戦0封と原監督が信頼寄せる魔球の持ち主とは!?

15試合連続無失点のビエイラ

6月22日に石川県立野球場で行われたDeNAベイスターズ戦には、巨人が5点差をつけ、セーブシチュエーションとならなかった為、登板機会がなかったチアゴ・ビエイラ。

前回登板となった20日の阪神タイガース戦では、1点差で迎えた9回に登板し、糸原健斗を初球でレフトフライに打ち取ると、梅野隆太郎にはフォアボールを与え、梅野隆太郎の代走で一塁ランナーとなった植田海に盗塁を成功されるも、動揺することなく、糸井嘉男をスライダーで見逃し三振、続く近本光司もスライダーで空振り三振に打ち取り、3セーブ目を挙げた。

160キロ超のストレートとツーシームが最大の武器であるビエイラだが、糸井嘉男、近本光司と連続三振を奪ったスライダーが今シーズン、ビエイラの大きな武器となっている。

ここまでビエイラは26試合に出場し、スライダーの被打率が29打数2安打、被打率.069と脅威の被打率0点台で打者を圧倒しているのだ。

このスライダーは、昨年初めて日本野球を経験し、速球一本では通用しないと考え、来日2年目となる2月のキャンプで握りなどを確認しながら、熱心にスライダーを練習し、昨年以上に鋭く、縦に曲がるように改良されたビエイラの練習の賜物なのだ。

守護神デラロサが左足違和感で離脱し、現在主に9回を任されているビエイラが“魔球”スライダーを武器に進化を続け、原監督の信頼を勝ち取ろうとしている。

ビエイラが“魔球”スライダーを武器に、15試合連続で続けている無失点ピッチングをどこまで続けることができるのか注目だ。