SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】サヨナラ2点適時打で1軍昇格候補に原監督が急浮上させた楽天戦力外から這い上がるのは!?

サヨナラタイムリー二塁打放った八百坂卓丸

7月5日に行われたイースタン・リーグの楽天イーグルス戦に、9回の守備から出場した八百坂卓丸は、1打数1安打2打点とサヨナラタイムリーツーベースヒットを放ち、巨人を勝利に導いた。

9回、2アウト1、3塁の場面で打席に立った八百坂卓丸は、楽天イーグルス5番手・池田駿の対戦で3球目カットボールがワンバウンドし、暴投となった隙を見て、1塁ランナーの中山礼都がすかさず2塁へ進塁し、2アウト2、3塁となった場面で、池田駿の7球目144キロのストレートをレフトへ弾き返し、サヨナラタイムリーツーベースヒットを放った。

6月に入り、代打や守備での途中交代から出場が多くなっていた八百坂卓丸が、サヨナラタイムリーツーベースヒットを放ち、1軍昇格候補に原監督が急浮上させた。

八百坂卓丸は、聖光学院高校から2014年育成ドラフト1位で楽天イーグルスに入団し、2017年に支配下登録され、2018年には1軍で27試合に出場したが、2019年は1軍出場がなく戦力外通告を受け、2019年12月に巨人と育成選手契約を結び、昨シーズンは2軍で70試合に出場し、リーグ5位の打率.313、8本塁打をマークし、今シーズンの春キャンプ期間中の2月16日に支配下登録された崖っぷちから這い上がりを見せる選手だ。

首位・阪神タイガースを猛追し、リーグ後半戦を前に一気にゲーム差1.5まで縮めた巨人の勢いをさらに加速させるべく八百坂卓丸が1軍初昇格を目指す。

八百坂卓丸が1軍初昇格を掴み、2軍で見せる勝負に強いバッティングを披露し、巨人の逆転優勝に貢献できるか注目だ。