SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

ここ4戦打率.375と打撃好調!自力V消滅からの巨人逆襲へ原監督が起爆剤に指名の近未来の左の大砲とは!?

ここ4戦打率.375で1軍昇格勝ち取った秋広優人

9月26日の阪神タイガース戦での敗戦を受け、27日に新外国人のハイネマンが出場選手登録を抹消され、ドラフト5位ルーキー秋広優人が、28日から1軍登録される見込みとなった。

9月26日に行われたイースタン・リーグのDeNAベイスターズ戦では、4打数2安打とマルチヒットを記録するなど、ここ4試合で16打数6安打4打点、打率.375と結果を残し、打撃好調で1軍昇格へアピールを続けていた。

秋広優人は二松学舎大付高から2020年ドラフト5位で巨人に入団し、プロ野球史上最長身の馬場正平に並ぶ200cmの超大型ルーキーで、高校時代は最速144キロ、通算23本塁打の二刀流としても注目されていた。

その素材の良さにいち早く気づいた原監督は、春季キャンプ途中から1軍に昇格させるなど、高い評価をしていた。

新型コロナの陽性者が出た4月4日に1軍初昇格を果たしたが、出番がないまま6日に抹消され、今回で2度目の1軍昇格となる。

今回の昇格で、高卒野手1年目でのデビューとなれば、球団では2015年の岡本和真、2019年の山下航汰以来の快挙となる。

巨人は直近の阪神3連戦を2敗1分けで終え、26日に自力優勝が消滅し、9月は6勝と波に乗り切れていない。

そんなチーム状況を打破する為、原監督が巨人打線の起爆剤として選んだのが、高卒1年目でフレッシュな秋広優人だだ。

原監督の期待に応える若さを存分に活かした元気ハツラツなプレーを披露し、逆転V3へ向け、秋広優人が巨人打線の起爆剤になれるか注目だ。