SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

5H6打点1HRでここ4戦打率.625!原監督が1軍昇格目論む2連勝の巨人の勢い加速させる最後の秘密兵器とは!?

5H6打点1HRと大暴れの石川慎吾

10月2日に行われたイースタンリーグの西武ライオンズ戦に、「5番・DH」で先発出場した石川慎吾は、5打数5安打6打点1HRと、11号ソロホームラン含む5安打固め打ちを披露し、1軍再昇格へ大きなアピールをした。

2回1アウト走者なしの場面で打席に立った石川慎吾は、西武ライオンズ先発の佐々木健の5球目148キロのストレートをセンターへ運ぶと、4回1アウト走者なしの場面で、再び佐々木健の初球140キロのカットボールを捉え、レフトへの11号ソロホームランを放ち、マルチヒットを記録すると、5回2アウト満塁のチャンスの場面で、三度佐々木健の2球目125キロのチェンジアップをセンターへ弾き返す3点タイムリーツーベースヒットを放ち、3打席連続安打で猛打賞を記録し、6回にも1アウト満塁のチャンスの場面で、センターへヒットを放ち、更に7回1アウト1、2塁のチャンスの場面で、センターへヒットを放ち、5安打固め打ちで6打点1HRと大暴れした。

11号ソロホームラン含む5安打固め打ちを披露した石川慎吾は、1軍再昇格へ意気込んだ。

4試合連続安打を記録した石川慎吾は、ここ4試合、16打数10安打6打点1HR、打率.625と打撃絶好調だ。

2軍で見せる勝負強いバッティングを1軍でも見せ、6連敗からの2連勝で逆転V3へ猛一波乱起こしたい巨人打線の起爆剤になるべく、原監督も最後の秘密兵器として、1軍再昇格を目論む。

2軍で結果を残し、満を持して1軍に昇格しながらも、1軍での今シーズンの石川慎吾は、26試合に出場し、37打数7安打0打点0HRと、2軍で見せている勝負強いバッティングが見せられていない。

今シーズン最後の1軍再昇格を果たし、今シーズンの1軍での悔しい思いを一気に晴らす活躍を石川慎吾には期待したい。

原監督が最後の秘密兵器として、石川慎吾をどのタイミングで、1軍に再昇格させるか注目だ。