SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

巨人一挙4得点の猛攻の口火切る三塁打!今シーズン初のマルチヒット記録した吉川尚輝

今季初マルチヒット記録した吉川尚輝

3月27日に東京ドームで行われた中日ドラゴンズ戦に、「1番・二塁」で先発出場した吉川尚輝は、5打数2安打と今シーズン初となるマルチヒットを記録した。

初回、先頭打者で打席立った吉川尚輝は、中日ドラゴンズ先発の柳裕也の3球目143キロのストレートをライトへのスリーベースヒットとし、初回から得点圏に進みチャンスを作る。これが坂本勇人の今シーズン初タイムリーとなるツーベースヒット、岡本和真、中田翔の今シーズン初ホームランを呼び込み、一挙4得点を奪う猛攻の口火となった。9回1アウト走者なしの場面では、中日ドラゴンズ3番手の福敬登の5球目131キロのカットボールをセンターへ弾き返し、今シーズン初のマルチヒットを記録した。

今シーズンの巨人の1番打者に抜擢された吉川尚輝が、原監督が求めていた長打も打てる1番打者としての役割をしっかりと果たし、初回から一挙4得点を生み出した。

オープン戦ラストマッチとなった3月21日の楽天イーグルス戦を欠場し、左内腹斜筋筋損傷の為、故障班に入り、レギュラーに定着した高卒2年目以降で初めて開幕戦を欠場した坂本勇人のスタメン復帰も吉川尚輝に好影響を与えたようだ。

吉川尚輝には引き続き、長打が打てる1番打者として、巨人にチャンスをもたらすチャンスメーカーとして躍動してもらいたい。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内