SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

好走塁で7回のビッグイニングを呼んだ!原監督が巨人6連勝の立役者に挙げた小林誠司

原監督が巨人6連勝の立役者に挙げた小林誠司

4月3日に東京ドームで行われた阪神タイガース戦に、「8番・捕手」で先発出場した小林誠司は、4打数1安打と打撃では7回に一挙4点を奪う猛攻のチャンスを拡大し、守備では赤星優志をプロ初勝利に導くリードで、巨人の6連勝に貢献した。

7回2アウト1、2塁のチャンスの場面で打席に立った小林誠司は、阪神タイガース4番手・アルカンタラの初球150キロのストレートをセンターへ運び、今シーズン2安打目となるセンター前ヒットで満塁のチャンスを生み出す。この2アウト満塁のチャンスの場面で、読売ジャイアンツ先発の赤星優志に代わり、代打で打席に立ったウィーラーが、アルカンタラの5球目151キロのストレートをショートに転がす。打球を処理した中野拓夢が2塁へ送球するも、間一髪のタイミングで小林誠司がセーフとなる好走塁。ウィーラーの当たりがタイムリー内野安打となった。

小林誠司の好走塁とウィーラーで、満塁のチャンスをものにすると、続く吉川尚輝が打った打球がレフトへ高く上がり、前進してきた糸井嘉男が一歩及ばず、レフト前にポトリと落ちる間に満塁の走者がすべて本塁生還を果たし、この回一挙4点の追加点が入った。

守備では、バッテリーを組んだドラフト3位ルーキーの赤星優志を7回101球4安打2失点、6回に糸井嘉男に2ランホームランを許したものの、プロ初勝利に導いた。

ルーキーの赤星優志から阪神タイガース打線を5回まで1安打に封じる堂々の投球を引き出した小林誠司に対し、原監督は絶賛し、今後も大城卓三と併用して起用していくことを明かした。

小林誠司は開幕戦の試合前ミーティングで、故障で間に合わなかった主将・坂本勇人に代わり、主将代行を原監督から任命されていた。そして、坂本勇人が復帰した開幕3戦目に、原監督は小林誠司を副キャプテンに任命していた。

坂本勇人の開幕戦欠場により、思わぬ形で副キャプテンとなった小林誠司に芽生えた責任と覚悟で、巨人を勝利に導くプレーを続けている。

その結果が、3月30日に行われたヤクルトスワローズ戦で見せた勝利につながるタイムリーヒットと、この試合で見せた7回のビックイニングを生んだ好走塁に繋がってきているのかもしれない。

小林誠司が引き続き、どのような活躍を見せ、巨人の勝利に貢献していくのか注目だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内