SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

2号ソロホームランで1軍昇格アピール!4連敗の巨人の空気を変えられるゼラス・ウィーラー

2号ソロホームラン放ったウィーラー

5月8日にジャイアンツ球場で行われたイースタン・リーグのヤクルトスワローズ戦に、「5番・一塁」で先発出場したゼラス・ウィーラーは、2打数1安打1打点1HRと、2号ソロホームランを放ち、1軍昇格へアピールした。

2回、1アウト走者なしの場面で打席に立ったウィーラーは、ヤクルトスワローズ先発の丸山翔大の4球目ストレートを捉え、左中間へ2号ソロホームランを放ち、山瀬慎之助の左中間フェンス直撃タイムリーツーベースヒットを呼び込んだ。

ウィーラーは1軍で13試合に出場し、打率.160、本塁打1と打撃不振で、4月18日に出場登録を抹消されていた。

そこから約1ヶ月、2軍の試合に出場し、打撃の状態を上げ、1軍昇格の機会を待っている。

首のコンディション不良で、4月22日に出場登録を抹消され、2軍の9試合で4本塁打を放ち、10日のDeNAベイスターズ戦から1軍に昇格することが決まった中田翔よりも、ウィーラーの方が4連敗中の巨人の救世主なれるかもしれない。

なぜなら、坂本勇人の離脱などの緊急事態で、チームのまとめ役が不在となり、ベンチの空気も重たい今の巨人にはベンチから声を出し、盛り上げられるウィーラーこそが空気を一変できる存在だからだ。

原監督もまずは打撃の状態を上げる中田翔を1軍昇格させたが、その次に昇格候補として控えるのは、ウィーラーだろう。

原監督がどのタイミングでウィーラーを1軍に昇格させるのか注目だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内