SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

今シーズン初ホームランでここ4戦打率.500!打撃好調で支配下登録期待の平間隼人

今シーズン初のホームラン放った平間隼人

6月11日にジャイアンツ球場で行われたイースタン・リーグの日本ハムファイターズ戦に、「2番・二塁」で先発出場した平間隼人は、3打数2安打1打点1HR1四球。今シーズン初のホームランを放ち、2試合連続マルチヒットを記録し、支配下登録へ向けアピールした。

4回、先頭打者で打席に立った平間隼人は、日本ハムファイターズ先発の田中瑛斗の4球目125キロのカーブをショートへ転がすと、内野安打となり、ノーアウトのランナーとして出塁。

さらに、8回2アウト走者なしの場面では、日本ハムファイターズ3番手・畔柳亨丞の5球目143キロのストレートを捉えると、ライトスタンドに放り込む今シーズン初ホームランを放った。

2試合連続マルチヒットを記録した平間隼人は、ここ4試合で、12打数6安打1打点1HR4四球、打率.500と打撃絶好調を維持している。

平間隼人は、独立リーグ・徳島インディゴソックスから2019年の育成ドラフト1位で入団し、2021年6月に一度支配下登録を勝ち取るも、オフに再び育成契約となっていた。

中山礼都に負けじと、広岡大志と共に2軍で結果を残し、1軍へ這い上がり、坂本勇人の後釜として、ブレイクを目指す平間隼人が最初の関門となる支配下登録へ向け、大きく前進を見せている。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内