SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

2軍降格後、初実戦で1号ソロホームラン!今季ワースト6連敗の巨人救う為最短での1軍再昇格期待のアダム・ウォーカー

2軍降格後、初実戦で1号ソロホームラン放ったウォーカー

8月21日にヤクルト戸田球場で行われたイースタン・リーグのヤクルトスワローズ戦に、「1番・DH」で先発出場したアダム・ウォーカーは、4打数1安打1打点1HR。2軍降格後、初実戦で1号ソロホームランを放ち、最短での1軍再昇格へアピールした。

8回、1アウト走者なしの場面で打席に立ったウォーカーは、ヤクルトスワローズ3番手の星知弥の5球目141キロのストレートを捉え、レフトスタンドに叩き込む1号ソロホームランを放った。

ウォーカーは来日1年目の今シーズン、打率.272、19本塁打、44打点と、前半戦は2番や5番を担う活躍で、オールスターにも出場したが、後半戦は打率.200、0本塁打、2打点で、スタメン出場も4試合にとどまり、19日に出場選手登録を抹消されていた。

前半戦チームを支えたウォーカーが不在の巨人は、今シーズンワーストの6連敗を喫し、厳しい状況が続いている。

巨人再浮上のキーマンとして、ウォーカーの存在はなくてはならない存在だ。

2軍降格後、初実戦でいきなりホームランを放ち、最短での1軍再昇格へ希望の光を見出したウォーカー。

ウォーカーには、2軍でしっかりと調整し、最短での1軍再昇格で、巨人再浮上のキーマンとなってもらいたい。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内