SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

キャリアハイの12号3ランホームラン!小林誠司には巨人正捕手の座を渡さん弾放った大城卓三

キャリアハイの12号3ランホームラン放った大城卓三

9月8日に東京ドームで行われたDeNAベイスターズ戦に、「8番・捕手」で先発出場した大城卓三は、2打数1安打3打点1HR2四球。キャリアハイの12号3ランホームランを放ち、巨人の勝利に大きく貢献した。

4回2アウト1、2塁のチャンスの場面で打席に立った大城卓三は、DeNAベイスターズ先発のロメロの3球141キロの高めに浮いたチェンジアップを仕留め、ライトスタンド中段へ運ぶ12号3ランホームランを放った。

8月13日の広島カープ戦以来の一発となる12号3ランホームランを放った大城卓三は、昨年の11本塁打を上回り、自己最多を更新した。

DeNAベイスターズに4点を先制された直後の大城卓三の一発で波に乗った巨人打線は、さらに5回中田翔の19号3ランホームランで逆転に成功した。

今シーズンはチーム最多の90試合で先発マスクをかぶるが、巨人がBクラスに低迷しているため大城卓三が正捕手としての評価が揺らいでおり、シーズン終了までに何としても自慢の打撃で結果を残していかないといけない状況に置かれている。

大城卓三と巨人正捕手争いを繰り広げる小林誠司も9月7日のDeNAベイスターズ戦に「8番・捕手」でスタメン出場し、打者心理を見透かした配球術で、プロ2年目の山崎伊織を好リードで引っ張り、チームを18-3の大勝に導き、小林誠司のリードと配球の良さが再び評価されつつある。

大城卓三には、この逆境を跳ね返すほどの活躍を見せ、巨人正捕手の座を不動のものにしてもらいたい。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内