SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

本格調査の松田宣浩に巨人が望む坂本勇人では若手に見せることができていない姿とは!?

巨人が松田宣浩を本格調査へ

巨人が今シーズン限りでソフトバンクホークスを退団する松田宣浩の獲得調査に乗り出すとみられている。

今シーズン、「育成と発掘」を掲げて臨んだものの、主力が高齢化して過渡期を迎えたチームの世代交代が思うように進まなかった巨人が、覇権奪回が至上命題となる来シーズンへ向け、2年ぶりにFA補強を解禁する。

松田宣浩は17年目の今シーズンは出場機会が減少し、43試合で打率.204、0本塁打と結果を残せず、ソフトバンクから来シーズンの構想外を伝えられた。

しかし、松田宣浩は現役続行を希望し、球団の理解を得て異例の早期退団発表を行い、他球団への移籍を目指している。

巨人はチームにはいないムードメーカー役としてはもちろん、一、三塁の守備力や通算打率.265、301本塁打、991打点、2000安打まで残り169本の勝負強い打力も評価しているようだ。

坂本勇人では見せることができていない、フォア・ザ・チームに徹する姿を見せる若手の模範選手として、松田宣浩がその背中を若手の有望株に見せることを期待している。

巨人にとって、松田宣浩の加入による相乗効果は計り知れない。

交渉解禁となるトライアウト終了時に巨人が、速やかにアタックするのか注目だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内