SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

巨人/若林晃弘が3打席連続タイムリーヒット!ここ3戦打率.625と打撃好調で1軍昇格期待

若林晃弘が3打席連続タイムリーヒット

5月19日、ジャイアンツ球場で行われたイースタン・リーグの日本ハムファイターズ戦に、「7番・二塁」で先発出場した若林晃弘は、3打数3安打3打点。3打席連続タイムリーヒットを放ち、直近3試合で打率.625と打撃好調で1軍昇格へアピールした。

2回、ノーアウト1、2塁のチャンスの場面で打席に立った若林晃弘は、日本ハムファイターズ先発の松本遼大の2球目139kmストレートをセンターへ弾き返し、同点となるタイムリーヒットを放った。

さらに、3回1アウト1、2塁のチャンスの場面で、日本ハムファイターズ2番手・福田俊の4球目138kmストレートをレフト線へ引っ張り、勝ち越しのタイムリーツーベースヒットを放ち、マルチヒットを記録。

最後は、4回1アウト1、3塁のチャンスの場面で、日本ハムファイターズ3番手・吉田輝星の2球目107kmカーブをライトへ流し打ち、ダメ押しのタイムリーヒットを放ち、3打席連続タイムリーヒットで、3安打猛打賞を記録した。

若林晃弘は、開幕2軍スタートとなり、イースタン・リーグ開幕後も打撃の調子が上がらず、今シーズンはまだ1軍昇格を果たせていない。しかし、12日の西武ライオンズ戦から3試合連続安打を記録するなど、ここ最近3試合で8打数5安打3打点1四球、打率.625と打撃の調子が良くなってきている。

1軍では若林晃弘の名前の読みと苗字の読みが同じ秋広優人がひと足先に1軍へ昇格し、打率.353と結果を残しており、刺激を大いに受けている。

若林晃弘にはさらに打撃の状態を上げ、1軍昇格を果たし、坂本勇人、丸佳浩の打撃復調で勢いづく巨人打線の起爆剤となってもらいたい。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内