SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

  • HOME
  • SPORTS COLUMN
  • FA行使決断!?巨人残留の可能性も?秋広優人は残留熱望もギリギリまで熟考続ける中田翔の決断は!?

FA行使決断!?巨人残留の可能性も?秋広優人は残留熱望もギリギリまで熟考続ける中田翔の決断は!?

熟考続ける中田翔の決断はいかに?

阪神タイガースが11月5日、3勝3敗のタイで臨んだオリックスバファローズとのSMBC日本シリーズ2023第7戦を制し、38年ぶり2度目の日本一を達成し、今シーズンの公式戦は全日程を終了。今後は、FA権を持つ選手の去就にも注目が集まるストーブリーグに突入した。

その中で注目が集まるのが来シーズン、プロ17年目を迎える中田翔だ。今オフに海外FA権を行使するか熟考を続けている。昨オフに巨人と3年契約を結んだが、選手側が1年ごとに契約の見直しや破棄ができるオプトアウトの条項がついており、残留も一つの選択肢として、国内球団への移籍を検討している。

今シーズンの中田翔は、開幕から主に5番打者として巨人の攻撃陣を牽引していたが、ケガの影響もあり、オールスター明けから徐々にスタメン出場の機会が減り、後半戦は代打が増え、92試合に出場して打率.255、15本塁打、37打点という結果に終わっていた。

6日から申請期間はがスタートし、本日14日が最終日となるが、中田翔は未だ沈黙を続けており、人生の岐路に立つ今、巨人残留も視野に入れて最後の最後まで考え抜き、決断する構えだ。

巨人はトレード策も準備?

巨人は、最重要課題の投手をFAで獲得したいと調査を進めているが、ここまでFA権行使を表明した松井裕樹がMLB挑戦を希望し、加藤貴之は日本ハム残留を決断した。FA宣言した山崎福也はソフトバンク、DeNAなど複数球団による争奪戦が必至の様相で、獲得できるかは不透明。石田健大や田口麗斗ら残る有力選手は態度を保留しており、FAでの投手補強が難しい状況となっている。

そこで、中田翔をトレード要員とし、好投手を獲得するプランまで浮上している。推定3億円の高額な年俸がネックになったときは、巨人が年俸の一部を肩代わりすることなども織り込み済みで、中田翔の希望と自軍の強化が実現するように手を尽くすつもりのようだ。

巨人の来季は岡本和真・一塁、坂本勇人・三塁固定の方針

今シーズン、巨人では9月以降にドラフト4位の新人・門脇誠が、坂本勇人に代わって、ショートのレギュラーに定着し、坂本勇人は三塁へコンバートされた。三塁を守る岡本和真は、一塁に移り、DH制のないセ・リーグの巨人において、一塁しか守る場所のない中田翔は出場機会が激減した。阿部慎之助新監督に代わる来シーズンも一塁は岡本和真、遊撃に門脇誠、三塁は坂本勇人を起用する方針を明言しており、中田翔は現状の構想では代打要員となってしまう。

まだまだベンチウォーマーに成り下がるつもりはない中田翔は、一塁でスタメン出場できる環境を重視し、家族の意向も聞きながら最終的に決断するとしている。

秋広優人は巨人残留熱望!

侍ジャパンに選出されている秋広優人が11月5日、宮崎での秋季キャンプを打ち上げ、海外FA権の行使を熟考している師匠の中田翔について言及し、中田翔が決めることだから、何とも言えないと複雑な心境を口にしつつ、秋広優人自身はずっとお世話になっているから、また一緒にやりたいと中田翔の巨人残留を熱望した。

中田翔がFA権行使で手を挙げる球団は?

本命で名前が挙がっているのは、ソフトバンクホークスだ。3年連続で優勝を逃し、過渡期にあるチームは、右の大砲を探しており、当初は西武ライオンズの山川穂高の獲得を目指していたが、女性への暴行トラブルを起こしてしまい、その話は頓挫した。その代わりと言ってはなんだが、中田翔に興味を示しているようだ。

さらに、意外な球団の名前も挙がっている。それは、3年連続でリーグ制覇したオリックス・バファローズだ。杉本裕太郎や森友哉など長打力のある打者が多くいるにも関わらず、中田翔の獲得に興味があるようだ。今シーズンは首位打者を獲得した頓宮裕真が一塁を守ることが多かったが、終盤にケガをしたこともあり、負担を減らす為、来シーズンはDHでの起用が考えられており、その空いた一塁の枠に中田翔を起用したいようだ。

起用面だけでなく、日本ハムファイターズ時代にコーチだった中田翔と旧知の仲の福良淳一が、GM兼編成部長という責任ある立場にいるのも中田翔にとっては大きく、中嶋聡監督も現役時代の終盤を日本ハムファイターズ共にで過ごし、中田翔と親交がある。

中日は、貧打のチームを2年間率いた立浪監督が以前、中田翔が日本代表のメンバーに入った時、評論家だった立浪監督が熱血指導をした縁もあり、中日への移籍を熱望しているようだ。

中田翔が人的補償が発生するBランクの選手の為、金銭面にシビアな中日は、FAで引き取り手がなければ、自由契約にしてもらった上で獲得する異例のプランまで想定しているとされる。

中田翔がFA権を行使する場合は、日本シリーズ終了の翌日である6日から申請期間はがスタート。土日祝日を除く7日以内である14日までに申請する必要がある。どのような決断をするのか注目だ。