SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【ドラフト査定/評価:B】ドラ1に最速157kmの翁田大勢など上位を大学/社会人投手で固め、投手陣強化の意志を示した巨人

12球団完全データファイル2021

両リーグ、前年最下位チームが優勝を果たしという前代未聞のシーズンとなった2021年。12球団の詳細なデータをもとに、今季の戦いぶり&来季に向けた課題、期待値を完全掲載!

【ドラフト査定/評価:B】投手に絞って即戦力確保!野手は何とでもなる…

実力派左腕の隅田知一郎(西日本工業大/西武)をクジで外したのは残念だが、最速157キロの翁田大勢(関西国際大)を確保した。サイド気味の変則フォームでガンガン150キロ台を投げ込んでくる馬力型右腕で、どちらかといえば、リリーフ適性が高そうだ。ドラ2・山田龍聖(JR東日本)は高卒3年目ながら、最速153キロを誇る快速左腕。ドラ3・赤星優志(日本大)は東都2部で鳴らした安定感の高い本格派右腕。上位を大学・社会人投手で固め、投手陣強化の意志を示した。

ドラ5・岡田悠希(法政大)は強靭なフィジカルが持ち味の外野手でレフトの定位置争いに加わる可能性もある。中位から下位にかけては高校生投手を狙い打ち。左は石田隼都(東海大相模高)、代木大和(明徳義塾高)、右は花田侑樹(広島新庄高)といずれも180センチ超の「タッパ」のある投手を選んだ。

近年は球界のエース級の投手は国内でのステップアップではなく、メジャー志向が強く、好投手は自前で育てるしかない。そういった観点ならば、投手に寄せた指名もナシではないだろう。育成ドラフトでも大量10選手を指名したが、注目は育成2位の高田竜星(BCリーグ・石川)。高卒1年目ながら今季、BCリーグで17試合に登板し、3勝7敗1セーブ、防御率2・93の成績を挙げており、最速150キロのストレートは評価が高い。


【新戦力査定/評価:C】FA勢も助っ人もダメ!補強失敗が成績に直結…

 新戦力がことごとく機能しなかったのも痛かった。FAで加入した梶谷隆幸は相次ぐ故障で61試合の出場に留まり、井納翔一はわずか1先発で見切りを付けられ、計5試合の登板で2軍幽閉。テームズは1軍デビュー戦でアキレス腱を断裂し、スモークは家族がコロナ禍で来日できず、6月に退団。8月に緊急補強したハイネマンもまったく役に立たないまま、9月末に体調不良のため、アメリカに帰国した。

6月には3Aの契約を自主的に解除した山口俊を再獲得したが、2勝8敗で大きく負け越し。イニングイーターにはなったが、一昨季の最多勝投手とは思えない状態だった。8月にはウルトラCの裏技で中田翔を獲得したが、心身ともに疲れ切っており、復調とはいかなかった。

ドラ1の平内龍太も1軍3試合すべてで失点し、二軍暮らし。ドラ2の山崎伊織は端からリハビリ生活だったが、ドラ4・伊藤祐輔、ドラ6・山本一輝も1軍登板はなかった。希望の光になりそうなのは、高卒ルーキー野手。ドラ3・中山礼都は二軍戦44試合で打率・309をマーク。身長200センチの超大型スラッガー候補の秋広優人は82試合で8本塁打を放った。


【セリーグ3位】読売ジャイアンツ

【2021シーズン成績】
61勝62敗20分
勝率 .496
得 点 552 ④
失 点 541 ④
本塁打 169 ①
盗 塁 65 ④
打 率 .242 ⑤
防御率 3.63 ④


前半戦で9勝3敗の好成績を収めた髙橋優貴だが、後半戦は2勝6敗。過密ローテが招いた悲劇といっても過言ではない。松原聖弥はチームトップの15盗塁を記録したが、盗塁死も7個あり、全体的に機動力は低調だった。


出典:『がっつり! プロ野球(30)』

『がっつり!プロ野球(31)』1月31日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内