SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

巨人が20年ドラフトで指名すべきはエース菅野の後継候補!明石商・中森俊介

2020ドラフト読売ジャイアンツは、
コイツを指名しろ!

昨季、復帰した原辰徳監督のもと、5年ぶりのリーグ制覇。今季もセ・リーグの首位を快走する巨人。近年のドラフトではクジ運に泣き続けているが、戦力の充実ぶりはリーグ屈指。一部では佐藤輝明(近大)の1位指名が報道されているが、果たしてどうなる!?

近大・佐藤指名でOK?菅野の後継候補を是非!

ここ数年、巨人のドラフト戦略は明らかに変わってきた。逆指名時代は即戦力の大物選手を次々と獲得し、主力へと育て上げてきたが、今はもう昔の話。しばらくは競合を避けるような無風ドラフトが続いたが、ここのところは臆せずその年の「目玉」を果敢に指名している。ただ、いかんせんクジ運が悪すぎる。特にこの4年間は2016年の田中正義(ソフトバンク)から始まり、4年連続で1位どころか外れ1位まで抽選で敗れている。巨人がクジで引き当てた最後の選手は2011年の松本竜也だが、この時も1位・菅野智之が日本ハムと競合し、抽選で交渉権を奪われての「外れ1位」だ。

ここまで不運が続くと、「単独指名」を狙いたくなる気持ちも分かるが、一方でチームはリーグ連覇間近。その余裕で、今年も大物選手を狙って欲しい。筆頭候補は早川隆久(早稲田大)、髙橋宏斗(中京大中京)になるが、巨人に推したいのが中森俊介(明石商)だ。理由は「甲子園の申し子」だから。1年夏から甲子園のマウンドを踏み、3年春まで4季連続出場(3年センバツは中止)。

3年夏の甲子園はコロナ禍で中止になったため、事実上、3年間で全ての甲子園大会に出場している。2年春夏はベスト4で甲子園通算5勝。交流大会の1勝も加えれば、実質6勝。全国での実績は同世代でも群を抜く。チームの先発陣には大エース・菅野智之が君臨するが、近い将来のメジャー移籍が濃厚。戸郷翔征というエース候補が台頭してはいるが、「正統派エース」のイメージではない。大舞台で実績を積み、高卒1位で入団となれば、中森のスター性にさらに箔が付く。やはり、巨人にはスターがいなければならないはずだ。

中森俊介【投手】/明石商

182cm88kg 右左 MAX151km 
変化球:スライダー、カーブ、チェンジアップ、フォーク

『がっつり!プロ野球27号』10月6日発売!!

「がっつり!プロ野球」27号 2020年ドラフト特集号
『インタビュー』
佐野恵太(DeNA)ドラ9が4年で4番主将になるまで
戸郷征郷(巨人)新エース候補は20歳
浅村栄斗(楽天)CSそして優勝へキーマン登場!
田澤純一(BC群馬)日本でプレーするその理由
高木豊 野球youtuberの先駆者が語る令和の野球界

『特集』
・48ページぶっこ抜き!12球団、この選手を獲れ
・ドラフトライターイチ押し!隠し玉はこの選手だ!
・佐々木朗希は奥川恭伸は?ドラ1ルーキーの現在地
・明日の佐野恵太はここにいる!ブレイク候補を青田買い!
・鈴木尚広から周東佑京まで!今昔「足のスペシャリスト!」
・あのレジェンドが現役だったら?「妄想年棒」の世界
・今オフはFAが凄いかも!? ストーブリーグ大予想!
・森梅野會澤大城!打てる捕手が増えてきて嬉しいぞ特集!!
・30代になってブレイクする選手も!遅咲き名選手特集!!
・みんなツイッター好きだよねえ。この#ハッシュタグが凄い!!
・12球団日本シリーズ:ベスト&ワーストバウト!!

・・・など今号も全ページ野球のウンチク満載です!!