SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

巨人/山口俊の抜けた穴を完全に埋める助っ人サンチェスとは?

2試合先発して防御率0.77のサンチェス

開幕9試合が終わり、ここまで2勝している投手はセ・パそれぞれ2人ずつ。

セ・リーグが大瀬良大地(カープ)、エンジェル・サンチェス(巨人)。パ・リーグが則本昂大(楽天)、ハーマン(ロッテ)だ。

そのなかでも防御率0.77と抜群の安定感を見せたのが巨人のエンジェル・サンチェスだ。

ドミニカ出身の31歳。3年前、メジャーリーグデビューをしたものの、目立った成績を上げられずに韓国に渡っている。

エンジェル・サンチェスは、その韓国リーグで昨年は17勝5敗。なかでも165イニング投げて被本塁打が2本という記録には驚きだ。

巨人とは2年契約、年棒3億4000万円という投手陣では菅野に次ぐ高年棒。球団の期待の大きさが表れている。

まだ2試合しか投げていないとはいえ、この調子でいけば昨年15勝をあげてメジャーリーグに挑戦した山口俊の抜けた穴は充分に埋めてくれそうで、セ・リーグ連覇への大きな力になることは間違いない。