SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

打率.488首位打者・岡本和真。そして、右バッターが打率上位独占状態。

岡本和真を筆頭に「右打者天国」状態が続く

巨人・岡本和真が絶好調で打率.488と両リーグでの最高打率を誇っている。

セ・リーグの打率上位者は岡本和真以下、打率.452宮崎敏郎(DeNA)、打率.394堂林翔太(広島)と右打者。

パ・リーグ上位3人も、打率.419井上晴哉(ロッテ)、打率.400ロメロ(楽天)、打率.386浅村栄斗(楽天)と全て右打者だ。

首位打者といえば、イチロー、青木宣親、秋山翔吾といった足の速い左バッターを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。

実際に歴史を振り返ると、特にパ・リーグでその傾向が顕著で過去30年の首位打者を振り返ってみると、イチローの7年連続を含む左打者24回、スイッチヒッター2回、右打者4回となっている。

ちなみにその右打者4人は、93年/辻発彦(西武)、05年/和田一裕(西武)、08年/リック(楽天)、11年/内川聖一(ソフトバンク)だ。

無観客試合でアウェーチームが強いなど、例年と何か違うことが起きているプロ野球。

この「右打者天国」がいつまで続くのか注目していく一方、左バッターの奮起にも注目したい。