SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】「ここ一番の接戦に強くない」そんなチームでも、スターが2人いればどうにかなる?

「接戦に強いから成績が良い」が当てはまらない今年のジャイアンツ

巨人はシーズン約1/3の42試合を終え、24勝15敗3引き分けで貯金9の首位。

チーム成績を振り返ってみると8月12日時点でチーム打率.249はリーグ4位。

チーム防御率は3.39で1位だがDeNA/3.51、阪神/3.64と大差はない。

「接戦に強い勝負強さを持っているから首位にいるはず」と想定して1点差ゲームの勝敗を調べてみると4勝4敗。ちなみに2点差ゲームも同じく4勝4敗。つまり、ここ一番の接戦に強くなくても首位なのだ。

ありきたりの記述になるが、そうなると現時点で4番・岡本和真がホームラン王、エース・菅野智之が最多勝でいることが首位にいる要因と考えるの自然だ。

野球は9人でやるスポーツだが、2人の素晴らしい選手がいれば何とかなってしまうのか?

全くレベルの違う話になるが、少年野球を見ているとズバ抜けた能力の持ち主が2人いてバッテリーを組み、他7人の選手レベルが多少低くても勝ちまくるチームを見かけることは珍しくない。

この状態はサッカーやラグビーにはまずありえないことのような気がする。

野球はもちろんチームスポーツだが、「個の力」が結果に反映されやすい団体競技と言えるのかもしれない。