SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】日本シリーズに向けて、現状は「最も調子の良い先発投手」と言って過言ではない・畠世周

9月以降に限れば、菅野智之よりも成績の良い畠世周

畠世周がプロ4年目にして初完封勝利をあげた。

これで改めて「日本シリーズに投げて欲しい先発ピッチャー」の1人だということをファンにも原辰徳監督にも見せつけてくれた形になった。

畠世周の今シーズンの成績は11試合に先発登板して4勝4敗、防御率3.02という成績だが、9月20日に1軍再昇格して以降だけでみると、7試合の先発で4勝1敗、防御率1.64という数字。

シーズン当初は苦しんだが、8月にファームに行き、一ヶ月で別人になって帰ってきたといえる活躍ぶりだ。

菅野智之には申し訳ないが「現状の巨人で最も調子の良い先発投手」と言って過言ではないかもしれない。

菅野智之、戸郷翔征、サンチェスに続き、日本シリーズ4試合目を畠世周がしっかりと投げてくれそうだ。