SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】坂本勇人より早く2000本安打を打ったのは榎本喜八。日米通算をOKとするならば最年少での達成は実はイチロー。

坂本勇人より若くして2000本安打を達成した選手は2人いる!

坂本勇人が2000本安打を達成、31歳10ヶ月の史上2番目に若いスピード記録と報道されている。

???史上2番目???

この坂本勇人よりも若くして達成した選手が過去にいたのだ。

ここでは、その選手をご紹介しよう。

榎本喜八。東京都中野区出身の元プロ野球選手だ。1936年生まれ。1955年~1972年の18年間に渡ってプレーし、2012年に永眠されている。

出身高校は早稲田実業。そう、王貞治の4年先輩にあたるのだ。

高校卒業後はテスト入団で毎日オリオンズ(現・ロッテ)へ入団。

デビュー年から146安打を放ち、もちろん新人王を獲得した。

そこから15年連続100安打以上を記録。7年目にはキャリアハイの180本安打を放っている。

2000本安打達成は31歳7ヶ月。今シーズンが予定通り開幕していたとしたら、坂本勇人がギリギリ上回ったかもしれないが、こればかりは誰にもわからないこと。

こんな名選手が後世にあまり知られていないのは、どうしてだろう?

ずっとパ・リーグの選手だったということ。そして、現役引退後にコーチや監督を一切やることなく、球界と一切の接触を断っていたということもあるだろう。

最後にもう一つ2000本安打の最年少記録をご紹介して終わろう。

日米通算をOKとするならば、実は最年少はイチローで30歳6ヶ月。さすがだ。