SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】失って思い出す「坂本勇人の守備力」の重みを痛感した場面とは!?

バッティングだけの選手じゃない! もちろん分かっちゃいたけど、なかなか普段は意識しないショートの守備力

9/5の阪神戦。

勝てた試合を引き分けにしてしまったのか? 負け試合を引き分けにできたのか?

これは人によって受け取り方が違うだろう。

それよりも、昨日の試合で巨人ファンが改めて思い出したことがあるはずだ。

「ショート坂本勇人の守備がチームを支えていた」

という普段は忘れがちな事実だ。

どうしてもバッティングに目を奪われる坂本勇人の存在だが、失って分かるその大きさを昨日は実感した。

坂本勇人は6点リードした状態の6回裏にベンチに退いた。

代わりにショートに着いたのは若林晃弘。どこでも守れる選手だが、ショートは専門ではない。

「代わったところにボールが飛ぶ」という格言が野球にはあるが、まさにその通りでショートゴロが飛んでエラー。失点につながった。

原辰徳監督は次イニングから若林晃弘をファーストに移して、ショートに廣岡大志を置いた。しかし、ここでも「代わったところにボールが飛ぶ」。

たしかに難しい打球だったが、廣岡大志はバランスを崩した体制のまま送球してエラー。これも失点につながった。

廣岡大志はショートが本職だが、坂本勇人と比べるとその経験値は雲泥の差。上手い下手はここでは問わない。あくまで経験値の話だ。

「もし、坂本勇人がショートに残っていたら?」

こんなタラレバは言ってはいけないのだが、試合を見続けていた多くの巨人ファンの心に宿った気持ちだろう。