SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【巨人】異色の経歴&破格の年棒、右投手に強い右打者・ウォーカーの成績を見逃すな!!

ポランコだけではない! 期待の助っ人新外国選手!!

意外と言っては失礼だが、新外国人・ウォーカーの打撃が良い。

およそ昔の巨人では許されなかったドレッドヘアだが、これも時代の変化だろう。

ウォーカーはメジャー経験のない30歳。アメリカでは3Aと独立リーグでのプレー経験しかない。

とはいえ、2020年&2021年に2年連続の独立リーグMVPだということで、巨人のスカウトの目に留まっての入団だ。

年棒も3400万円と助っ人外国人としては破格に安い。

同じく新外国人のポランコが全試合3番でスタメン起用されているのに比べて、ここまでスタメン起用は4試合と少ないが、途中出場でもしっかりとチームに貢献している。

4/12のDeNA戦ではスタメン起用に応えて5打数3安打1打点。試合終了時には打率.333とした。

ウォーカーの面白いところは右バッターなのに右ピッチャーに強い点だ。

ここまで対右ピッチャーとは14打数7安打で打率.500という数字。逆に左ピッチャーとは10打数1安打で打率.100と極端な成績。

外野手争いはセンター・丸佳浩、ライト・ポランコは固定状態。レフトをウィーラー、松原聖弥、そしてウォーカーで争っている状態だ。

巨人ファンの皆さまには「今日のレフトは誰だろう?」とスタメン発表時からワクワクできる時間を楽しんでもらいたい。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内