SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

1番はあの大ベテラン!「野球太郎」お薦めの巨人の先発オーダーとは?

2塁の固定が最大の課題

昨季はチーム本塁打がリーグ1位、打率、盗塁が2位。破壊力に機動力もあった打線の主力メンバ ーは健在で、2番・坂本勇人、3番・丸佳浩は継続したいところ。4番は2年連続30本塁打以上の岡 本和真で固定し、5番に新加入のパーラを置くのがベストだろう。

そこで焦点は1番だが、亀井善行で固定したい。昨年の実績を踏まえ、安定して率を残せるベテランを先頭に置けば、打線全体が落ち 着くからだ。また、自由に打てる下位の6番は一塁・大城が適任で、7番は二塁有力候補の田中俊 太、そして8番は小林だ。

守りは二塁の固定が最大の課題。昨季は全7人が起用され、二塁だけで合計24失策を記録してい るから、完全な穴と言える。

外野は中堅の丸が鉄壁で、亀井は38歳でも守備力に衰えはない。パーラは範囲が広く、強肩を生かした送球も安定感がある。


※=打者は左打、投手は左投、◎=両打
打者の記録は打率、投手は防御率
ーー次回【横浜DeNAベイスターズ編】へ続く >

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。