SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

昨シーズンを糧にマルテが見せる今シーズンの進化とは!?

低めの変化球に手を出さなくなったマルテ!

6月4日に阪神甲子園球場で行われた広島東洋カープとの練習試合を6-0で勝利し、練習試合再開後3連勝を飾った阪神タイガース。

3連勝の立役者としてまず名前が挙がるのは、間違いなく3試合3連発のホームランを放っているボーアだろう。

しかし、その陰で着実に昨シーズンの経験を糧に進化を見せているのがマルテだ。

テレビ中継の解説で訪れていた濱中治も「低めの変化球に手を出さなくなっている。」とマルテのバッティングが良化していること改めて評価した。

マルテのここ3試合の成績は、8打数2安打と数字だけ見ると、まだまだこれからだが低めの変化球に手を出さず、無理に大振りしないでコンパクトなバッティングで今シーズン戦えば、打率.300本塁打30本も見えてくるのではないだろうか。

マルテには、ぜひコンパクトなバッティングで今シーズン大ブレイクしてもらいたいものだ。