SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

パ・リーグ長打率No.1となったグラシアル!

森友哉を上回り、長打率トップになったグラシアル

今シーズン規定打席到達まであと33打席足りなかったジュリスベル・グラシアル。

しかし規定打席未到達者が規定打席不足分を打数に加えて再計算した長打率が、規定打席到達者の長打率を上回る場合はリーグ1位とすると野球規則で決められている。

その為、野球規則に則り、その足りなかった33打席をグラシアルの打数に追加し、再計算されたところ、西武ライオンズの森友哉が記録した長打率.54674を上回り、長打率1位となった。

長打率1位となったグラシアルの長打率は、222塁打÷(373+33)打数で長打率.54679となり、森友哉を5糸差で上回った。

規定打席不足の長打率1位はパ・リーグ史上初。

プロ野球では、2003年に巨人のペタジーニ、2011年に阿部慎之助が規定打席不足の長打率1位となっており、それに次ぐ史上3人目となった。

来シーズンは規定打席に到達し、グラシアルには文句なしの長打率1位を獲得してほしいものだ。

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー