SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

14安打7得点の猛攻生む先制打を放った!柳田悠岐

14安打7得点の猛攻生む先制打を放った柳田悠岐

4月6日に札幌ドームで行われた日本ハムファイターズ戦で、「3番・中堅」で先発出場した柳田悠岐が14安打7得点の猛攻生む先制打を放った。

初回、日本ハムファイターズ先発・池田隆英を攻め立てたソフトバンクは、1アウト2塁のチャンスで打席に立った柳田悠岐が、遊撃の横を抜くセンター前ヒットで二走の周東佑京を迎え入れた。

 

14安打7得点の猛攻生む先制打を放った柳田悠岐は「エース千賀が今季初登板なので勝ちをつけて、チームに勢いをつけられるようにやっていきたい」と語った。

リプレー検証で珍二塁打

7回ノーアウト1塁の場面で、レフト方向へ鋭い飛球を放った柳田悠岐に驚きの出来事が起こった。フェンスを越えるか越えないか、というきわどい打球の跳ね返りを日本ハムのレフト松本剛がスムーズに処理し、塁審が本塁打のジェスチャーをしていたこともあり、中途半端な走塁になった柳田悠岐を2塁でタッチアウトにした。

状況を見た審判団が集まって協議し、審判団の判断でリプレー検証が実施され、その後、責任審判の川口一塁塁審が「審判団によるリプレー検証の結果、本塁打ではなく二塁打として、走者二、三塁で再開します」。と説明があり、柳田悠岐の2塁タッチアウトは取り消され、ノーアウト2、3塁のチャンスを演出する形となった。

試合は6回に千賀滉大が足首をひねり、負傷交代をするアクシデントに見舞われたが、ソフトバンクが5連敗からの復調を示す14安打7得点の猛攻で勝利を挙げた。