SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

来日9年で8度の30本塁打以上。ホークス野手陣の故障、高齢化の穴を埋めるのは?

ホークス昨年の開幕時との比較



今季はリーグ優勝で日本一が目標

 3年ぶりのリーグ優勝を果たしての4年連続日本一を目指すホークス。オフの補強も怠りなく、目標達成は難しくないだろう。

 投手陣は先発で高橋礼がブレイクして新人王、リリーフでも髙橋純平、甲斐野央が台頭。昨年はこの3人をはじめ若手が順調に成長したが、それでも助っ人を獲得。メジャー通算54勝の実績ある左腕・ムーアが加入した。

 野手陣にはヤクルトからバレンティンが加入。来日9年で年間30本塁打以上が8度の強打者ゆえ、打線の破壊力が増すのは必至。

 一方でここ数年の柳田悠岐、今宮健太は故障がちで、昨年は中村晃も体調不良。松田宣浩、内川聖一は高齢化し、打線は助っ人頼みに拍車がかかる形だ。

 ドラフトでは、そうしたチーム状況を反映して野手重視。1位で競合した石川昂弥を外しても、社会人外野手で次世代の1番候補・佐藤直樹を獲得した。



ーー次回【福岡ソフトバンクホークス投手編・野手編】へ続く >

(初出:【野球太郎No.034 (2020年月2月25日発行)】)

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。