SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

静観続く鳥谷敬の移籍先は一体どこになるのか!?

Text:橋本雅生

レジェンドたちの、引き際

ボロボロになるまで現役を続ける男、余力を残してユニフォームを脱ぐ男……

プロ野球選手の引き際はさまざまだ。あくまでも現役にこだわるか、余力を残して引退するか。球界に名を刻むレジェンドたちの引き際は興味深い。

大物でも突き付けられる球団からの引退勧告

令和となって初めてのシーズンも日本シリーズが終わって一区切り。今季は巨人の阿部慎之助、ロッテの福浦和也、ヤクルトの館山昌平、楽天の今江年晶(敏晃)など、平成の時代に躍動したプロ選手たちがユニフォームを脱ぐことになり、改めて時代の移り変わりを感じさせるシーズンとなった。

レジェンドと呼ばれるプロ選手が引き際を考える時、「余力を残して綺麗にユニフォームを脱ぐ」、または「最後まで現役にこだわる」の判断がゆだねられる。一昔前のプロ野球界は前者が慣例的で美徳とされていたが、最近は後者のパターンも少なくない。そして、今シーズンの8月、虎ファンに衝撃が走った。

「鳥谷敬、引退勧告」

鳥谷敬と言えば2000本安打をはじめ、 シーズン連続全試合出場など多くの記録を残した、阪神で数少ない生え抜きスターである。多くのファンがいる鳥谷敬だけにこの引退勧告報道がSNS上などでも波紋を呼んだことは記憶に新しい。事の発端はシーズン終盤の大事な時期に任意引退の打診が明るみとなり、「生え抜きの功労者への冷たい仕打ち」と球団が非難されたのである。

一連の騒動はシーズン中に突然のクビ切りのニュアンスが強いが、実は正しくない。球団側からすると早めに来季のチーム方針を伝え、長年の功労者に花道と将来のポジションを提示したかったという。鳥谷敬は黙々と出場を続け、チームの精神的支柱となっていたが、2016年あたりから成績が下降線をたどり、今季は入団して初めての開幕ベンチスタートで主に代打出場。打率.207、本塁打なしの寂しい成績で終わってしまった。

組織論の観点で言うと4億円とされる年俸は高額であり、球団の打診は一方的に非難されるものではない。現役にこだわる鳥谷敬と球団の誠意が乖離したことで、トラの功労者がチームを去る後味の悪さが残った。

さて、そんな鳥谷敬の去就はまだ未定だが、CSファイナル終了後に「自分がやってきたことを信じて新しい野球人生を頑張ります」と現役続行を表明した。そもそも鳥谷敬は攻守トータルで結果を出すタイプ。スタメン出場も視野に入る球団への移籍が望ましいが、年齢的にもそうは言っていられない。

とはいえ、圧倒的な実績とキャプテンシーを持つだけに、複数球団が獲得に手を挙げると予想されている。現時点ではロッテ、ヤクルト、DeNAといった関東近郊のチームが移籍先として有力だ。

 

『がっつり!プロ野球25号』11月19日発売!!

≪19年シーズンを徹底検証!!≫
■月別勝敗、球団別勝敗表、チームごとの最高成績選手が一目で分かる!!
■全支配下登録選手の成績がチームごとに一覧表に!!
■補強はどうだった? FA,ドラフト、助っ人外国人の新戦力を完全査定!!
■ドラフト査定。来季の新人選手の期待度を斬る!!
■チームMVP,逆MVP,監督査定にオフ&来季の課題も詳報!!

≪スペシャルインタビュー≫
中畑清 ホークスの強さの訳とシーズン総括
吉田正尚(オリックス)今季と侍ジャパンを語る
柳裕也(中日)未来のエース候補、飛躍の3年目
神里和毅(DeNA)社会人時代に掴んだ打撃開眼

≪特注ラインナップ≫
■野球ライター、推し球団を語る!「俺と(私と)12球団と2019年」
■令和のプロ野球で生まれた衝撃&珍記録「PICKUP記録集」
■ドラフト2019、有識者はこう見た!
■『ドラフト最下位』発売記念。最後に名前を呼ばれた男たち
■助っ人外国人列伝「キューバ編」
■12球団ファンクラブ評論家、長谷川晶一が球団に直撃取材してきた!~中日ドラゴンズ編~
■野球居酒屋放浪記~名古屋編~
■5年後のエース&主軸は誰?「プロ野球 近未来予想図」
■海の向こうで侍たちはどう戦った?「日本人メジャーリーガー2019」
■漫画「ドラフトキング」が面白すぎる!著者クロマツテツロウ氏インタビュー!
■巻末カラー特集!!12球団妄想監督人事
■追悼コラム 昭和の巨星 金田正一さんに捧ぐ
その他、注目トピック満載!!

【連載コラム】
スタジアムDJケチャップ「野球が好きだ!」
氏原英明「ちょっとこの話、聞いてください」
川崎憲次郎「しらしんけん」
古田ちさこ「カープ女子の流儀」
キビタキビオの「プロ野球を計りまくれ!」
【マンガ】
「もぎたて甲子園」ポテチ次郎
「赤ファンのつぶやき」野村宗弘

【書誌情報】
「がっつり!プロ野球25号」
オフこそ『がっつり!プロ野球』!!
個人&チーム成績、新戦力査定まで。
【12球団完全データファイル2019】
阿部慎之介、福浦和也、メッセンジャー…。
引退選手へ、感謝のメッセージ。
なぜホークスはポストシーズンで強いのか?
2019タイトルホルダーもマルッと一気に紹介!!
来季の村上は近本は?ブレイク候補を青田買い!
2020年を楽しむには、まず2019の検証から!
ストーブリーグをホットに過ごすための情報が「がっつり!」
さあ、オフこそ『がっつり!プロ野球』!!