SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

最後まで現役を模索し続けた清原和博!

Text:橋本雅生

レジェンドたちの、引き際

ボロボロになるまで現役を続ける男、余力を残してユニフォームを脱ぐ男……

プロ野球選手の引き際はさまざまだ。あくまでも現役にこだわるか、余力を残して引退するか。球界に名を刻むレジェンドたちの引き際は興味深い。

全盛期の面影はなくても現役を模索した男たち!

本項で取り上げるレジェンドたちは、輝かしい成績と記憶を打ち立てた名選手ばかり。そんなレジェンドだけに、最後まで現役を続けると力の衰えが顕著になり、ファンとしては一抹の寂しさもあった。だが、ボロボロになってもプレーする姿は絵になり、感動を呼ぶのもプロ野球の魅力だろう。

そんな泥臭い引き際を見せたのが「番長」こと清原和博だ。PL学園時代から類い希なる打撃センスを発揮し、1980〜1990年の野球界を引っ張ってきた清原和博だが、チーム(巨人)との確執から2005年のシーズン中に戦力外通告を受けた。

そして、清原和博はオリックスのシニアアドバイザーである仰木彬に説得されて入団する。ただ、度重なる膝のケガと年齢的な問題で本来の打撃ができなくなり、かつてはスタンドインできた球を凡打してしまう姿は痛々しくもあった。

ファンからはヤジを飛ばされ、マスコミのターゲットになってもオリックスで最後の一花を咲かせようとし た清原和博だが、満身創痍の状態でこれ以上チームに迷惑はかけられないと2008年のシーズンで引退を決意。ペナント最後の対ソフトバンク戦が引退試合となり、第3打席で右中間の二塁打を放ち、得意の右打ちを披露した。

最終打席は清原和博らしい豪快なフルスイングの三振で終わったが、引退セレモニーでは多くの球界関係者や親交の深い長渕剛が駆けつけ、最後の花道を飾った。

清原和博のように最後まで現役を模索したのが野村克也と落合博満。二人は少しでも長く現役を続けるために複数の 球団を渡り歩き、ともに45歳までプレーを続けた。投手ではメジャーに活躍の場を求めた桑田真澄と、実働年数29年の記録を持つ工藤公康が40歳を過ぎても現役にこだわった選手である。

 

『がっつり!プロ野球25号』11月19日発売!!

≪19年シーズンを徹底検証!!≫
■月別勝敗、球団別勝敗表、チームごとの最高成績選手が一目で分かる!!
■全支配下登録選手の成績がチームごとに一覧表に!!
■補強はどうだった? FA,ドラフト、助っ人外国人の新戦力を完全査定!!
■ドラフト査定。来季の新人選手の期待度を斬る!!
■チームMVP,逆MVP,監督査定にオフ&来季の課題も詳報!!

≪スペシャルインタビュー≫
中畑清 ホークスの強さの訳とシーズン総括
吉田正尚(オリックス)今季と侍ジャパンを語る
柳裕也(中日)未来のエース候補、飛躍の3年目
神里和毅(DeNA)社会人時代に掴んだ打撃開眼

≪特注ラインナップ≫
■野球ライター、推し球団を語る!「俺と(私と)12球団と2019年」
■令和のプロ野球で生まれた衝撃&珍記録「PICKUP記録集」
■ドラフト2019、有識者はこう見た!
■『ドラフト最下位』発売記念。最後に名前を呼ばれた男たち
■助っ人外国人列伝「キューバ編」
■12球団ファンクラブ評論家、長谷川晶一が球団に直撃取材してきた!~中日ドラゴンズ編~
■野球居酒屋放浪記~名古屋編~
■5年後のエース&主軸は誰?「プロ野球 近未来予想図」
■海の向こうで侍たちはどう戦った?「日本人メジャーリーガー2019」
■漫画「ドラフトキング」が面白すぎる!著者クロマツテツロウ氏インタビュー!
■巻末カラー特集!!12球団妄想監督人事
■追悼コラム 昭和の巨星 金田正一さんに捧ぐ
その他、注目トピック満載!!

【連載コラム】
スタジアムDJケチャップ「野球が好きだ!」
氏原英明「ちょっとこの話、聞いてください」
川崎憲次郎「しらしんけん」
古田ちさこ「カープ女子の流儀」
キビタキビオの「プロ野球を計りまくれ!」
【マンガ】
「もぎたて甲子園」ポテチ次郎
「赤ファンのつぶやき」野村宗弘

【書誌情報】
「がっつり!プロ野球25号」
オフこそ『がっつり!プロ野球』!!
個人&チーム成績、新戦力査定まで。
【12球団完全データファイル2019】
阿部慎之介、福浦和也、メッセンジャー…。
引退選手へ、感謝のメッセージ。
なぜホークスはポストシーズンで強いのか?
2019タイトルホルダーもマルッと一気に紹介!!
来季の村上は近本は?ブレイク候補を青田買い!
2020年を楽しむには、まず2019の検証から!
ストーブリーグをホットに過ごすための情報が「がっつり!」
さあ、オフこそ『がっつり!プロ野球』!!