SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

センバツ優勝メンバーが、社会人軟式から目指すプロの道とは?

Text:取材:文 馬場遼

センバツで優勝を経験しながらも、ワンプレーからイップスを発症。外野手としてプレーしていた大学時代に、思わぬことから復活。昨秋のリーグ戦では最速147キロもマークした投手。その名は元氏玲仁(もとうじ・れいじ:立命館大⇒20年4月から社会人野球)。
インタビュー第3回は、今後の野球人生に関して。

タイガース名スカウトが惚れ込んだセットアッパーとは?(別タブで開きます)

ワンプレーで狂った野球人生・元氏玲仁③「大学でプライドを捨てられた」

大学卒業後は軟式の社会人企業チームである「スリーボンド」に進むことが決まっている。軟式ではあるが、最速152キロを投げる森川祐至など実力派の選手が集う強豪チームだ。
かつては大野豊(元広島)が軟式の出雲市信用組合からプロ入りしたことがある。
元氏も「あわよくば」と控えめながらも、将来のプロ入りに意欲を燃やしている。

元氏が投げている姿を見て気になったのが投球フォームだ。高校時代に比べると、滑らかさを欠き、 ややぎこちないように見える。球速が出ているとはいえ、本人の中でどう感じていたのだろうか。

「多分、きれいに投げられることはもうないので、それなら今の投げ方でスピードを磨こうと思いま す。ストライクが入って、変化球のコントロールがつけば、特に左バッターは怖いと思います」

入学当初は「プライドが高かった」と自認していた人間とは思えないほどの開き直りぶりだ。元氏 がこう考えるようになったのは立命館大での4年間が大きかったと話す。

「高校時代はイジられるキャラじゃなかったんですけど、こっちに入ってから、軽くイジられるよう になりました。その環境で僕自身の性格も変わって、プライドもきれいに捨てられたのかな、と思い ます」


イップスを経験したことで大きく進化した元氏。
社会人野球での飛躍に期待大だ
ーー次回【龍谷大平安出身者にとっての「背番号25」】へ続く

(初出:【野球太郎No.033 2019ドラフト総決算&2020大展望号 (2019年11月27日発売)】)

取材/文:馬場遼(ばんば・りょう)
1994年生まれ、滋賀県出身。高校の野球部監督だった父の影響で野球を始める。中学時代には岩見雅紀(楽天)と対戦したことも。大学ではスポーツ新聞部に所属し、現在は野球、陸上などの専門誌に寄稿するフリーライター。

【書誌情報】
『野球太郎』刊行:イマジニア株式会社 ナックルボールスタジアム

野球の見方が変わる!日本で最もディープなプロアマを網羅する野球誌


伝説の野球誌『野球小憎』の創刊スタッフたちが2012年秋から場を変えて、『野球太郎』を刊行。
ドラフト候補選手に関する情報量は野球誌No.1の実績。全国各地の野球ライターや、ネットで評価の高いアマチュア野球研究家たちが誌面で大活躍中です。
他では読めないユニークな企画が満載。圧倒的な情報量と内容を満喫してください。