SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

2019年セ・リーグ死球数ランキング1位はビシエド!

13死球でセ・リーグ死球数ランキング1位:隠れタイトルホルダー

シーズン143試合に出場し、打率.315、打点93、本塁打18という結果を残したビシエド。

ビシエドは、13死球を記録し、セ・リーグ死球数ランキング1位となった。

セ・リーグ二塁打数ランキングでも43二塁打を記録し、1位となっている。

【セ・リーグ死球数ランキング】
1位:ビシエド(中日) 13死球
2位:青木宣親(ヤクルト) 11死球
3位:會澤翼(広島) 10死球
3位:中村悠平(ヤクルト) 10死球
5位:大島洋平(中日) 9死球

【書誌情報】
『最新少年野球 一番わかりやすいルールブック』
少年野球のルールは複雑で、選手だけでなく監督、保護者もよく理解していない点が多々ある。本書は、、ピッチング、バッティングなど様々な状況でのルールを、カラー写真とイラストによりわかりやすく解説する。判定で迷わない!場面別に写真でルール解説。審判のジェスチャー、スコアブックのつけ方と記入例付き。