SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【笠松競馬】1/12以来の開催、競馬ファンよ馬券を買う? 買わない? 1レースと12レースは固く決まる!?

笠松競馬が信頼を取り戻したかどうかは馬券の売り上げで判断できる!

今年の1月12日から開催を自粛していた笠松競馬が今日から再開する。

さっそくだが、ここで競馬ファンの皆さんに聞きたい。


あなたは笠松競馬の馬券を買いたいですか?


開催をストップしていた理由は言うまでもなく八百長疑惑だ。

ちなみに今日は笠松競馬以外にも門別競馬、大井競馬、園田競馬の開催がある。

いまはインターネットでどこに住んでいても全国の馬券が買える。単純に競馬を楽しみたいならこの3場も開催していれば充分に楽しむことができる。

それでもあえて笠松競馬の馬券を買う理由があるのか自問自答してもらいたい。

開催初日の売り上げが多ければファンは信頼をしているということだし、少なければ信頼が戻らなかったということが容易に判断できる。


ここで、ざっくりとした予想を一つ。

おそらく、今日の笠松競馬はほとんどのレースで固い決着となるだろう。

本命馬が馬郡に沈んだり、大穴馬が突っ込んできたりしたら、また「八百長だ!」の声が上がる可能性が高い。

笠松競馬場の全騎手、全調教師、全馬主、全関係者がそれは望んでいない。必然的に結果がそうなることは容易に予想できる。

特に固く決まりそうなレースは注目度の高い再開最初の1レースとメインレース(12レース)だ。

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー