SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【秋華賞】狙うべきは「トライアルで着差の小さかった3~4着馬」の理由を解説!!

ローズS・紫苑Sのトライアル組を合わせて前走着順を見ると、1着馬【2・1・2・8】、走2着馬【2・1・1・10】、3・4着馬【1・4・2・28】と好走率ではほとんど差がない。

ただし、人気面では大きく異なり、1・2着馬の3着以内9頭中8頭が①~③人気なのに対し、前走3・4着の3着以内7頭中4頭は⑦人気以下の人気薄。さらに1着馬との着差が0.3秒以内だった馬に絞れば[1・3・2・3] で複勝率は70%! 人気がない馬達が多いこと考えれば非常に優秀な数字だ。

例えば昨年の⑩人気2着馬・マジックキャッスルは紫苑Sで0.2差の4着からの出走。

2年前だと、⑩人気3着馬・シゲルピンクダイヤはローズSで0.2差の4着からの出走だった。

今年の該当馬はローズSの3着馬・アールドヴィーヴル、そして紫苑Sの3着馬・ミスフィガロ。2頭ともそんなに人気にはならないであろうし、ぜひ狙ってみたい!!