SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【朝日杯FS】波乱の主役:前走が1600m以上の重賞で先行していれば万馬券の立役者!!

阪神芝1600mは直線が長く、急坂も待っているが、17年以降の勝ち馬はいずれも4角を4番手以内で通過している。

勝ち負けするにはスピードが不可欠ということなのだろう。

波乱を呼ぶのも先行タイプであることが多い。

特に狙い目は前走が芝1600m、1800mの重賞で4角を3番手以内で通過していた馬。

該当馬は過去10年で20頭いて [3・4・3・10]と半数が馬券に絡んでいる。

その中には16年②人気3着ボンセルヴィーソや18年⑨人気2着クリノガウディーなど人気薄も含まれ、複勝回収率は180%。配当妙味も十分だ。

今年のメンバーで該当するのは、アルナシーム、ジオグリフ、プルパレイの3頭。

人気馬1頭に人気薄馬2頭といった計3頭。

ぜひ配当妙味がある人気薄の2頭:アルナシーム、プルパレイを絡めて買ってみたい。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内