SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

上期総決算レース【宝塚記念GⅠ】で死の馬番に入ってしまった3頭とは!?

Text:あもあもだいち

大阪杯の覇者・ポタジェに忍び寄る宝塚記念の死神とは!?

今週は、いよいよ上期の総決算レース「宝塚記念GⅠ」が阪神競馬場で開催される。

顔ぶれを見ても、大阪杯の雪辱に燃える④エフフォーリア、天皇賞(春)を勝った⑥タイトルホルダー、怪我明け初勝利を目指す三冠牝馬⑦デアリングタクト、大阪杯を勝った⑱ポタジェなど豪華18頭が出走を予定している。

 

どの馬が勝利を手にする事が出来るのか?

過去10年のデータから勝ち馬を炙り出し行く!!

 

1、馬齢

宝塚記念を勝てる馬齢は4歳馬と5歳馬のみで、5歳馬が7勝、4歳馬が3勝と数字が示すように、5歳馬が圧倒的に結果を残してきている。

6歳以上のベテラン馬にとっては嫌なデータとなっている。

 

2,前走距離別

前走で3200mか2000mを走った馬が、それぞれ4勝を挙げ、残りは2500m組が1勝、2400m組が1勝と、非根幹距離組よりも根幹距離組が有利なデータが示された。

 

3,前走着順別

前走を勝った馬よりも2着だった馬が一番多く勝っており3勝を挙げている。

また二桁着順から巻き返した馬もおり、前走大負けしていても悲観する事は無いが、前走5着内だった馬が7勝を挙げているので、やはり上位を走って来た馬が有利である。

 

4,枠番別

1枠から4枠が1勝に対して、5枠から8枠の馬が9勝と内枠が不利な傾向にある。また8枠が7勝と、勝利に近い枠となっている。

 

5,死の馬番(3着内が1度もない馬番)

枠番別の項でも記載したが、内が不利な傾向であり、1番から8番までで2勝しか挙げていないが、9番から18番までの外が8勝を挙げている。

そして、3着内が1度もない死の馬番は、15番のディープボンド、17番のギベオン、18番のポタジェと以外にも外に集中している。

しかし、多くの勝ち馬を輩出した女神の馬番も外に存在し、11番と16番が共に3勝を挙げている。

 

以上のデータから、勝ち馬候補として推奨したい馬は!?

4歳馬で前走2000mを走り、大阪杯で3着、外枠の7枠で死の馬番ではない⑬アリーヴォが浮かび上がってきた!!

 

果たして、データ通りに武豊騎乗の⑬アリーヴォが勝つのか!?

それともデータを覆す馬が現れるのか?

発走は、6月26日の阪神競馬場11レース、15時40分予定。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内