SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

【マイルCS】波乱の主役はウインカーネリアン、マテンロウオリオン、ピースオブエイトの3頭だと心得よ!

底力がマイル戦で生きる? ダービー出走馬の好走例多数!!

 

12年の勝ち馬・サダムパテック、13年の勝ち馬・トーセンラーといったクラシック路線を歩んだ馬がGI初制覇を飾ったのがこのレース。この他にも3歳時にクラシック戦線で戦った馬の好走例は多い。

世代の頂点を決めるレースに駒を進めた馬の底力が生きるのか、ダービー出走経験馬の成績は[4・4・4・33]となる。14年にはグランデッツァが⑨人気で3着、16年はステルヴィオが⑤人気で1着、19年はペルシアンナイトが⑥人気で3着と人気薄の好走も見られ、配当妙味も見込める。

ただし、ダービー出走歴があった馬でも6歳以上となると[0・0・0・8] で切るのが正解。

逆に5歳以下馬だと[4・4・4・25]と複勝率は39%とソコソコの高確率となる。

 

さて、今年の出走予定馬を見てみるとダービー出走経験のある5歳以下馬は4頭。

ウインカーネリアン

サリオス

ピースオブエイト

マテンロウオリオン

サリオスは人気の一角になるが、ウインカーネリアンとマテンロウオリオンは穴馬、ピースオブエイトに至っては大穴馬となりそう。

複勝率39%なら狙ってみていいラインアップの4頭だ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内